デイリーランキング

世界最大の32インチ3D裸眼立体視ディスプレイ「Looking Glass 8K」発表、DCEXPOで初公開

業界動向

2019/11/13 01:00

VR/AR/MRカンファレンス「XR Kaigi 2019」セッション内容紹介

セミナー・カンファ

2019/11/12 12:15

人の目レベルの超高解像度VRデバイス「VR-2」国内販売開始

業界動向

2019/11/08 12:15

Magic Leap、特許資産をJPモルガンに譲渡 資金調達の一環か

業界動向

2019/11/12 19:00

MRグラス「NrealLight」でアート作品を鑑賞。渋谷PARCOで展示

業界動向

2019/11/12 19:30

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

フォルクスワーゲン、従業員1万人以上にVRトレーニング導入へ

自動車メーカーのフォルクスワーゲングループは、年内に10,000名の従業員に対してVRを使ったトレーニングの実施を計画していることを発表しました。同社はVRソフトウェア開発スタジオのInnoactiveと提携、VRトレーニングシミュレーションを作成しています。

VRトレーニングの導入を通じて、従業員のワークフローの向上を図ります。

世界各地に点在するグループ内で情報を共有

フォルクスワーゲングループは昨年、同社傘下ブランドのアウディやSEAT、ŠKODAで働く従業員たちが互いにコラボレーションできるように、VRアプリケーションを開発するチームDigital Reality Hub Groupを結成しました。Innoactive社と共同で製作した30本以上のVRトレーニングシミュレーションを用いて、生産や物流で働く従業員10,000人以上の研修を推進しています。

フォルクスワーゲングループはこれらの取り組みに関し、「VRヘッドセットをグループ全体で利用することで、従業員たちはVRを通して知識を伝達し、ワークフローを向上させることができます」とコメントしています。

HTCの「Vive Pro」に最適化

スペイン・バルセロナで開催されたモバイル関連の見本市MWC2018(Mobile World Congress 2018)において、同社はVRトレーニングシミュレーションを展示しました。展示されたシミュレーションでは、ユーザーがHTCのVRヘッドセット「Vive Pro」を装着し、工場の作業スペースを体験できるようになっています。同シミュレーションはVRプラットフォームInnoactive Hubの開発者キットを使い、Vive Pro向けに最適化されているとのことです。

日本国内自動車メーカーもVRを活用

VRを利用した研修・教育システムは国内メーカーでも利用が進められています。株式会社電通国際情報サービス(ISID)は、トヨタ自動車株式会社向けに、VR教育システム「遠隔地3D車両情報共有システム」を開発。タイ・フィリピン・インドネシアのアジア3拠点と、国内の多治見サービスセンター間での実証実験の成功が発表されています。

トヨタとISID、アジア3拠点でVR活用の教育実験

トヨタとISID、アジア3拠点でVR活用の教育実験

MoguraVR

(参考)Road to VRInnoactive(Facebook)

Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。



【Sponsored Post】
・ストリートとテクノロジーが出会うとき、何が起こるのか? 表現の最前線を行く「JIKKEN」を見よ
・藤井直敬の「現実を科学する」 第二回:環境とヒト
・目の前に広がる「ポケモンGO」や「Ingress」の世界 話題を集めた体験の舞台裏

AR×ドローンで人命救助 米企業が550万ドル調達

2018/03/02 17:00 医療・福祉

闘病中の子供を支援 360度動画が無償提供

2018/03/02 17:00 医療・福祉

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集