デイリーランキング

ソニー、“空間再現”ディスプレイ「ELF-SR1」発表 ソニーストアで展示

業界動向

2020/10/19 13:00

ファミリーマートが研修にVR採用・導入拡大、自動車向けARディスプレイ企業が5,000万ドル調達 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2020/10/19 08:00

話題の新VRデバイス「Oculus Quest 2」の実力や開発Tipsを語る、オンラインセミナーが11月2日開催

セミナー

2020/10/14 12:02

VR/AR/MRカンファレンス「XR Kaigi 2020」、登壇者とセッション内容が追加発表

セミナー

2020/10/19 15:29

米MicroVision、わずか4.4gのスマートグラス用ディスプレイモジュールを開発

テック

2020/10/15 19:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

次世代のViveトラッカー登場か SteamVR 2.0に対応

現在、スペインのバルセロナで開催されているイベントMWC(Mobile World Congress)にて次世代Viveトラッカーと思われる周辺機器が展示されています。

PC向けヘッドセットであるHTC Viveの周辺機器Viveトラッカーは、ほぼ1年前に第1世代が発売されました。SteamVR 1.0に対応しています。

先日HTCから発表されたVive Proが対応しているSteamVR 2.0トラッキングに対応した新しいViveトラッカーは明らかになっていませんでした。SteamVR 2.0では、ベースステーションと呼ばれるセンサーが改良され、さらに安価で性能が向上します。また、複数台のベースステーションを使うことでこれまで3m×4mだったたプレイエリアがさらに拡大、最大10m×10m四方の範囲をトラッキングできるようになります。

SteamVR 2.0にて対応したViveトラッカー

HTCはViveトラッカーをアップデートし、SteamVR2.0トラッキングに対応したセンサーを搭載。英国に拠点を置くスポーツトレーニングやリハビリテーション会社の  Mi Hiepa Sportsとともに展示しています。サッカーの体験ができるVRコンテンツでは、ユーザーの足と足首を追跡するために4つのトラッカーとVive Proが使用されています。

現行のHTC Viveも第1世代のViveトラッカーも、新しいSteamVR 2.0ベースステーションでは動作しません。これにより、次世代のViveトラッカーが遅かれ早かれ発売されるのではないかと期待されています。

(参考) Road to VR(英語)


開発テーマは「月面スポーツ」 VRハッカソンをグリー・JAXAら開催

2018/02/28 19:00 イベント情報

フェイスブック、VRシューティングの展示を中止 銃乱射事件に配慮

2018/02/28 19:00 活用事例