デイリーランキング

2019年、VRは大きな転換点を迎えた

業界動向

2020/02/17 11:30

KDDI、新型コロナで中止のイベントをバーチャル開催へ 社長も登壇

業界動向

2020/02/19 16:09 New

JDIが高精細VR向け液晶を量産開始、メガネ型デバイスに向け

業界動向

2020/02/17 19:34

「Google Chrome」のAR対応が強化、API拡張へ

開発

2020/02/18 18:33

2020年、XR産業の展望は? プレイヤー14社が語る

業界動向

2020/02/17 12:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

Tokyo XR Startupsが第5期プログラム開始、VR/AR/MR×医療やトレーニングの事業化目指す

株式会社gumiの子会社であるTokyo XR Startups株式会社(TXS)は、第5期インキュベーションプログラム開始を発表しました。第5期ではXR(VR/AR/MR)やVTuber関連の事業化を目指す5チームが採択されています、

「Tokyo XR Startups インキュベーションプログラム(TXS)」は、VR/AR/MRなどのXR及びブロックチェーン領域のスタートアップを対象としたインキュベーションプログラムです。

プログラムの期間は6ヶ月間。開発環境のサポートを受けられる他、VCや投資家・事業会社にプロダクトをアピールするデモデイも設けられます。またTXS及びプログラムの運営を担当するブレイクポイント株式会社から、500万円~1,500万円程度の出資が行われます。

これまで同プログラムは、2016年1月から6月までの第1期においては5チーム。2016年10月から2017年3月までの第2期においては3チーム社。2016年6月から11月までの第3期においては7チーム、そして現在2018年6月から11月までの第4期は6チームの活動を支援しています。

医療分野やトレーニングシステム開発企業など5チームが採択

今回のプログラムで採択された企業は、XR(VR/AR/MR)やVTuber関連の事業化を目指す5チームです。VRを活用したリハビリシステムを開発する医療分野の他、物理法則コントローによるトレーニングシステム、企業向けMRトレーニングの開発などを行う企業が採択。また、中国市場に特化したバーチャルインフルエンサーを開発するVTuber事業を手がける企業も採択されています。

採択企業5チーム

Quera(設立準備中) 代表:横山全希氏
株式会社リクティー 代表:峯岸純也氏
株式会社CanR  代表:川崎仁史氏
体験シェアリング株式会社 代表:山本彰洋氏
ムジュウリョク株式会社 代表:潘宇鵬氏

(参考)Tokyo XR Startups株式会社 プレスリリース


【スポンサードポスト】
・3Dデータを手軽にVRへ。自動車や住宅などで導入進む「MeshroomVR」
・【特別企画】2Dお絵描き感覚で3Dキャラが作れる「VRoid Studio」講座、第一回を無料掲載!

男性VTuberユニット「カナメとハルキー」がデビュー 記念に「あなたのことを認知します」キャンペーン実施

2019/03/22 19:00 VTuber 最新ニュース一覧

【Oculus Go】3月第4週の新作&注目のVRゲーム・アプリ

2019/03/22 19:00 ゲーム・アプリ
新規CTA

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集