デイリーランキング

AR/VR・メタバース分野に日本企業が存在感を発揮するには?政投銀がレポートを公開

業界動向

2021/12/02 12:30

世界中からメタバース関連の話題をお届け メタバース通信 vol.12

メタバース

2021/12/01 11:44

遊園地のバンパーカー×VRアトラクション、好調でグローバル展開

業界動向

2021/12/02 12:00

デジハリ大ら、アバター生成&装着アプリ「beCAMing」を提供開始 オンライン授業向けに

活用事例

2021/11/30 19:31

地球全体のデジタルツイン開発のblackshark.ai、2,000万ドルを調達

投資

2021/12/02 11:35

MoguLive facebook twitter hatena line

XRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

Magic Leapの元CEOがスタートアップ創業、バーチャルヒューマン分野へ進出

Magic Leapの元CEOであるロニー・アボヴィッツ氏が、新たなスタートアップSun and Thunderを創業していたことが明らかになりました。アボヴィッツ氏は、今もMagic Leap社の取締役会に名を連ねていますが、Sun and Thunderは独立したベンチャーとなっています。

バーチャルアーティスト創造へ

Sun and Thunderは2020年後半に創業されており、”人工的な存在(synthetic beings)を作り上げること”を目標に掲げています。同社の初となるプロジェクトは Jako Vega(別名Yellow Dove)と呼ばれるキャラクターをフィーチャーしており、2021年中に短編の実験映像が公開される予定です。

同社のウェブサイトでは、Yellow Doveは「Sun and Thunderのメンバーであり、共同クリエイター、幾多の相互接続されたSun and Thunderのストーリーワールドを旅する存在。ミュージシャンにして、Sun and Thunder Recordsのファースト・アーティスト」と紹介されています。

「巨大なテック企業になろうとは思わない」

アボヴィッツ氏は米メディアVentureBeatの独占インタビューにて、今回の創業について「世界最大級のテック企業になろうとは思いません。例としては――最適ではありませんが――クラフトビールのような。あるいはスタジオジブリがするようなことを、やろうと思っているのです」とコメントしています。

なお、資金についてアボヴィッツ氏は「見込みのある投資家と話し合いを進めている」と説明。2021年1月現在、Sun and Thunderの資金はアボヴィッツ氏自身の個人資産から捻出されています。

開発者と一緒に、XRの世界を広げたい――Magic Leap 1越しに見る、NTTドコモのXR戦略 | Mogura VR

開発者と一緒に、XRの世界を広げたい――Magic Leap 1越しに見る、NTTドコモのXR戦略 | Mogura VR

MoguraVR

Magic Leapの新CEO、現マイクロソフト役員が就任 | Mogura VR

Magic Leapの新CEO、現マイクロソフト役員が就任 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)Road to VR

Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。


【注目の記事】
新しい技術であることを言い訳にしない 集英社と共同でXR組織を立ち上げた「THINK AND SENSE」インタビュー

【注目の記事】
新しい技術であることを言い訳にしない 集英社と共同でXR組織を立ち上げた「THINK AND SENSE」インタビュー

東京都らがスタートアップ支援、5G活用エコシステム構築へ

2021/02/01 12:30 業界動向

キズナアイ2ndライブ U-NEXTで配信開始!海外はOculus Venuesで常時配信

2021/02/01 12:30 VTuber 最新ニュース一覧