デイリーランキング

【体験レポ】Rift Sで体感する、Oculusの徹底的な「使いやすさ」へのこだわり

Oculus Rift

2019/03/21 00:15

Oculusが新VRヘッドセット「Rift S」発表 外部センサー不要、49,800円で今春発売

Oculus Rift

2019/03/21 00:00

【続報】一体型VRヘッドセットOculus Quest、スペックなど新情報公開

Oculus Quest

2019/03/21 00:00

VR/AR標準化「OpenXR」の暫定仕様が公開 Oculus等2019年内対応

業界動向

2019/03/20 11:30

HP、PC向け新型VRヘッドセット「Reverb」発表 片目2K、価格は600ドル

Windows MR

2019/03/20 11:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

Steam、VRコンテンツの各種コントローラーを互換させる試み

Valveは、PC向けプラットフォームSteamで配信されているVRコンテンツについて、ボタン配置をユーザーがカスタマイズできる機能のベータテストが開始しました。特定のコンテンツでコントローラーがサポートされていない不具合や、自分で好きなボタン配置に変えたい時などに便利な機能です。

OpenVRがキーコンフィグをサポート

SteamのVRコンテンツはValve社のOpenVRという規格で動いており、現在はどのタイトルもOculus Rift、HTC Vive、Windows Mixed Realityヘッドセットで起動はすることができます。

一方で、タイトルごとに特定のヘッドセットしか開発者が正式サポートしていないこともあり、ヘッドセットでの描画は行われるものの個別のコントローラーに対応していないケースがありました。特にOculus TouchとHTC Viveコントローラー、Windows MRコントローラーではそれぞれボタン配置が異なるため、最悪ゲームが進行しない不具合も発生する可能性があります。

こうした問題に対応するべく、ValveはOpenVRのカスタムボタンマッピング機能としてOpenVR-InputEmulatorの追加を発表しました。

特に2017年10月の発売から数ヶ月しか経っていないWindows MRヘッドセットは、開発者にサポートされていないケースも多く発生しています。VRヘッドセット利用者統計の多様化にも合わせ、よりオープンなVRプラットフォームに近づくための取り組みといえるでしょう。

1月22日までベータ版が利用可能

Steam VRのカスタムボタンマッピング機能は現在、ベータテスト版を利用することができます。

利用するには、Steamのライブラリー一覧からSteam VRを探し、右クリックでプロパティを開きます。新しく開いた画面からベータタブを探し、該当する機能を有効にしてください。このベータテストは1月22日まで実施され、その後一時的に利用できなくなります。正式な実装時期は未定です。

不具合への対応だけでなく、自分で好みのボタン配置に変更することもできるため、多くのユーザーの要望に応える機能となりそうです。

(参考)
Valve Is Adding Custom Button Mapping For All VR Controllers To OpenVR / UploadVR(英語)
https://uploadvr.com/valve-adding-custom-button-mapping-vr-controllers-openvr/

ノーベル生理学・医学賞の研究をVR化 理解深める一助に

2018/01/11 11:15 ビジネス活用事例

VRライブストリーミングで自由な角度からの視聴を可能に

2018/01/11 11:15 ビジネス活用事例