ホーム
PSVR
Oculus Rift
HTC Vive
Gear VR
Daydream
スマホVR
ビジネス・投資
動画・映像体験
テクノロジー・開発
イベント・体験
ゲーム・アプリ
コラム
イベントカレンダー

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

Steam、VRコンテンツの各種コントローラーを互換させる試み

Valveは、PC向けプラットフォームSteamで配信されているVRコンテンツについて、ボタン配置をユーザーがカスタマイズできる機能のベータテストが開始しました。特定のコンテンツでコントローラーがサポートされていない不具合や、自分で好きなボタン配置に変えたい時などに便利な機能です。

OpenVRがキーコンフィグをサポート

SteamのVRコンテンツはValve社のOpenVRという規格で動いており、現在はどのタイトルもOculus Rift、HTC Vive、Windows Mixed Realityヘッドセットで起動はすることができます。

一方で、タイトルごとに特定のヘッドセットしか開発者が正式サポートしていないこともあり、ヘッドセットでの描画は行われるものの個別のコントローラーに対応していないケースがありました。特にOculus TouchとHTC Viveコントローラー、Windows MRコントローラーではそれぞれボタン配置が異なるため、最悪ゲームが進行しない不具合も発生する可能性があります。

こうした問題に対応するべく、ValveはOpenVRのカスタムボタンマッピング機能としてOpenVR-InputEmulatorの追加を発表しました。

特に2017年10月の発売から数ヶ月しか経っていないWindows MRヘッドセットは、開発者にサポートされていないケースも多く発生しています。VRヘッドセット利用者統計の多様化にも合わせ、よりオープンなVRプラットフォームに近づくための取り組みといえるでしょう。

1月22日までベータ版が利用可能

Steam VRのカスタムボタンマッピング機能は現在、ベータテスト版を利用することができます。

利用するには、Steamのライブラリー一覧からSteam VRを探し、右クリックでプロパティを開きます。新しく開いた画面からベータタブを探し、該当する機能を有効にしてください。このベータテストは1月22日まで実施され、その後一時的に利用できなくなります。正式な実装時期は未定です。

不具合への対応だけでなく、自分で好みのボタン配置に変更することもできるため、多くのユーザーの要望に応える機能となりそうです。

(参考)
Valve Is Adding Custom Button Mapping For All VR Controllers To OpenVR / UploadVR(英語)
https://uploadvr.com/valve-adding-custom-button-mapping-vr-controllers-openvr/

この記事を書いた人

フォルト

力触覚を中心としたバーチャルリアリティを専攻する学生。幼少期から趣味でゲーム開発を行い、やがてVRにたどり着く。現在はコンテンツ開発やデバイス開発を勉強中。

Twitter:@FoltTenor

デイリーランキング

VRデバイス 360度カメラ 一覧
VR業界 2018年
バーチャルユーチューバー 最新情報まとめ
VR ソフト 360カメラ セール

Mogura VRの新サービス!
VR体験施設の検索サイト「Taiken.tv」
VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」

ニンジャマスクの購入はこちら! Mogura VR Store
VR関連の求人はこちら! Mogura VR Job
オフィスやイベント会場でVR体験会が実現できる!

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集
360度カメラ撮影レポート
Insta360
シリコンバレーVR/ARニュース