デイリーランキング

グーグルがARCoreをアップデート、ARの制作手法を学べるガイドアプリも登場

ARCore

2019/02/19 11:30

話題の裸眼立体視ディスプレイ「Looking Glass」日本上陸へ

開発

2019/02/18 20:33

洗って繰り返し使える「マイニンジャマスク」2月22日発売

話題

2019/02/18 19:46

カヤック、2018年決算を発表 「VR SPARC」への投資継続

業界動向

2019/02/18 17:35

Oculus創設メンバーが語る「2019年のVRが楽しみな理由」、HoloLens 2の予告動画が公開か – 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2019/02/18 08:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

VRアイスホッケーゲームに現役プロ選手も注目 認知能力が向上

ラスベガスで開催された家電見本市Consumer Electronics Show(CES)に、チェコのスタートアップSense ArenaはVRアイスホッケーゲーム「VR Hockey Trainer Sense Arena」を出展しました。

「VR Hockey Trainer Sense Arena」は、PC向けVRヘッドセットHTC VIVE対応のソフトです。現役のNHL(※)選手や、アイスホッケーの指導に当たるコーチ陣からの徹底した監修を受けて制作されたのが特色です。監修の担当者には、元NHL選手のJan Ludvig氏など、著名な人物も含まれます。

(※NHL=ナショナルホッケーリーグ。アメリカのプロアイスホッケーリーグ)

認知能力の向上が目的

「VR Hockey Trainer Sense Arena」は、一般のユーザーの他、プロのアイスホッケー選手が使用することも想定して開発されました。主に、利用者の認知能力を向上させることを目的としています。Sense Arenaによると、アイスホッケーの選手に必要な、反射神経や瞬間的な判断力も、プレイすることで増強されるとのことです。

Sense ArenaのサポートのためCESに来場していた、ニュージャージー・デビルス所属のプロアイスホッケー選手Patrik Elias氏は、「これ(VR Hockey Trainer Sense Arena)はただのゲームではありません。子供から本物のNHL選手まで、幅広い層が使用できる(練習)ツールです」と、「VR Hockey Trainer Sense Arena」について語りました。

https://www.youtube.com/watch?v=evV633EJgOs

 Elias氏はまた、スポーツ界の現状について「(プロのアイスホッケーの)試合は日に日に厳しさを増しています。そのため(アイスホッケー)選手たちは、より良い(練習)ツールを求めています。テクノロジーは今や、プロスポーツに欠かせない物ですよ」とコメントしました。

企業向け販売の他、一般向け販売も

「VR Hockey Trainer Sense Arena」はVR体験施設やトレーニングジムなどでの使用を想定した、企業向けの販売(価格は2019年1月現在未定)が行われています。月199ドル(約21,000円)のレンタルサービスも利用可能です。

一般のユーザーなどを対象にした「VR Hockey Trainer Sense Arena」をプレイするためのハードウェアとソフトウェア一式をセットにした同梱版「Hardware Pro Set」の販売も行われています。「Hardware Pro Set」にはVIVE Proと2台のベースステーション、4つのVIVE トラッカー、VIVE Pro用のワイアレスアダプター、バッテリーと充電器、ゲーミングPC、タッチスクリーン式モニターが含まれます。価格は5,480ドル(約60万円)です。

(参考)VRScout

Mogura VRはVRScoutのパートナーメディアです。


イベント情報

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」



イベント情報

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」

一体型VRをエアロバイクを組み合わせたフィットネスマシン登場

2019/01/16 12:00 ゲーム・アプリ

バーチャルシンガー「花譜」×カンザキイオリの楽曲、スマホゲーム「47 HEROINES」主題歌に

2019/01/16 12:00 VTuber 最新ニュース一覧