デイリーランキング

米陸軍の最大2兆円規模「HoloLens 2」導入が延期、2022年9月予定へ

業界動向

2021/10/21 19:30

フェイスブックが社名変更か SNSからメタバース企業へ

業界動向

2021/10/20 15:33

新たなVRヘッドセット「Varjo Aero」登場 5.8Kで視線追跡つき、価格は約22万円で一般販売も

業界動向

2021/10/21 22:23

アクセンチュアが6万台のVRヘッドセットを導入 新入社員のトレーニングに

業界動向

2021/10/19 20:05

超高解像度VRヘッドセットのVarjoから「隠しメッセージ」。新製品関連か

業界動向

2021/10/21 18:30

MoguLive facebook twitter hatena line

XRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

中国Rokidが一般ユーザー向けの4Kスマートグラスを公開、約5万円からでクラファン開始

中国のスタートアップRokid社は、クラウドファンディングサイトKickstarterで新たなデバイスを発表しました。スマートフォンと接続する軽量スマートグラスで、コンシューマー市場を狙います。

音声操作や焦点変更が可能、トラッキング機能はなし

新デバイスの名前は「Rokid Air」。概観は、同社が2021年1月に発表したARヘッドセット「Rokid Vision 2」とよく似ています。しかし業務向けをメインターゲットとしたVision 2と比較し、Rokid Airは同社初のコンシューマー市場中心に出された製品です。スマートフォンに接続して使用するためバッテリーは搭載せず、90gという軽量、定価も499ドル(約55,000円)に抑えています。ディスプレイ解像度は4Kで、音声操作によるハンズフリーでの利用が可能です。

さらに度数が調整可能であり、近視のユーザーでも眼鏡やコンタクトレンズ無しにデバイスを利用できます。

一方、MRデバイスであるマイクロソフトの「HoloLens 2」等が搭載している位置や手のトラッキング機能はありません(=ユーザーの位置を認識したり、ハンドトラッキングを行ったりすることはできません)。基本的にスマートフォンの画面を空間上に投影し、モニターのように使って仕事をする、大画面でゲームや動画鑑賞を楽しむ、といった使い方を想定しています。

原稿執筆時点で「超早割」プランは受付終了していますが、339ドル(約37,000円)からデバイスを購入できるプランが用意されています。デバイスの出荷予定は2021年11月です。

(参考)VRFocusKickstarter
Mogura VRはVRFocusのパートナーメディアです。


JTBスタッフ制作の「あつまれ どうぶつの森」の島が公開 夏旅をバーチャル体験

2021/07/14 19:02 話題

グーグルのAR/VRディレクターJoshua To氏がフェイスブックに移籍、進む人材獲得

2021/07/14 19:02 業界動向