デイリーランキング

超広視野角VRのPimaxが2,000万ドル調達、顧客サポートやロジスティクス改善へ

投資

2020/10/20 12:57

清水建設、VRをインターンシップに導入 参加者の9割が高評価

活用事例

2020/10/20 18:00

ソニー、“空間再現”ディスプレイ「ELF-SR1」発表 ソニーストアで展示

業界動向

2020/10/19 13:00

Oculus創業者パルマー・ラッキー、徳島マチ アソビをコスプレで楽しむ

活用事例

2017/05/06 12:38

VR/AR/MRカンファレンス「XR Kaigi 2020」、登壇者とセッション内容が追加発表

セミナー

2020/10/19 15:29

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

クアルコム、5G対応VR/ARヘッドセットの“予想図”公開

2020年2月25日、半導体大手のQualcomm(クアルコム)は、5G対応の新型チップセット「Snapdragon XR2」を使用した、VRヘッドセットとARデバイスのリファレンスデザイン(参照設計図)を公開しました。

実際に動作することを想定したモデル

今回公開されたのは、既存のVRヘッドセットに近いデザインのリファレンスデザイン。Qualcommのパートナー企業が機能確認・評価を行うためのテストベッドになることが想定されています。Qualcommは「同VRヘッドセットは、ハンドトラッキング機能による操作と、Atraxaの磁気コントローラートラッキング、Tobiiのアイトラッキング技術をサポートする」と説明しています。

2020年現在、このリファレンスデザイン「VRDK」の詳細なスペックは不明ですが、「Snapdragon XR2」の性能に準拠した仕様になっていることが推測されます。同チップセットは、最大で3K×3K(3,000×3,000)までのディスプレイ解像度(片面)に対応し、 リフレッシュレートは90Hz。7基のカメラからのカメラフィードを同時に処理することができます。先述の通り、次世代通信規格5Gにも対応しています。

別タイプのリファレンスデザインも公開

Qualcommは「VRDK」のほかにも、2種類のリファレンスデザイン(それぞれVRとARデバイス)を公開しました。米メディアRoad to VRによれば、これらのデバイスは“Qualcommが考える、「Snapdragon XR2」のリファレンスデザインをベースに開発された製品の予想図”とのこと。

VR/AR両用の一体型ヘッドセット「Lynx R1」詳細が公開 1500ドルで今夏発売 | Mogura VR

VR/AR両用の一体型ヘッドセット「Lynx R1」詳細が公開 1500ドルで今夏発売 | Mogura VR

MoguraVR

VR/AR両用ヘッドセットのLYNX、200万ドルを調達。発売は2020年夏 | Mogura VR

VR/AR両用ヘッドセットのLYNX、200万ドルを調達。発売は2020年夏 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)Road to VR

Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。


【ドラクエウォークス】ストーリークエスト第6章実装 新装備ふくびきも

2020/02/27 11:30 ドラクエウォーク

本気のダンスで滝汗確実! 「スペースチャンネル5VR」体験してみた

2020/02/27 11:30 ゲーム・アプリ