デイリーランキング

iPad Proで測量時間を短縮、建設・土木現場向けアプリが提供開始

活用事例

2020/08/07 19:30

Steamの月例VRデバイス調査が発表、VALVE INDEXの利用率はOculus Rift超えに

統計・データ

2020/08/07 11:30

誰でも参加・発表可能なVR展示交流会、日本VR学会が9月16日より開催

セミナー・カンファ

2020/08/07 18:40

ARで新たなショッピング体験、サッポロ不動産開発が「バーチャル店舗」

活用事例

2020/08/07 20:00

リコーがスマートグラス開発、重さは「一般的なメガネ程度」に

業界動向

2020/08/03 19:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

複数人で入れる“VR手術室”、リモート教育での活用に期待

カナダのスタートアップPrecision OSは、自社で開発中の“VR手術トレーニングツール”にマルチプレイ機能を追加しました。遠隔でも同時に実技を学べるという点は、2020年3月現在、これまでより大きな意味を持っています。

最大5人が同時に体験

Precision OSのVR手術シミュレーションは、VRで病院の手術室を再現するというものです。同社は開発に向け、2018年には230万ドルの資金調達を行っています。

今回のマルチユーザー機能により、互いに離れた場所にいても、同じ手術の執刀をVRで体験することができます。バーチャル手術室に同時に参加可能なアバターは最大で5人。外科医や研修医、そしてデバイスメーカーといった関係者が、場所を問わず協力できるメリットがあります。

コロナウイルスの流行受け、遠隔教育にメリット

新型コロナウイルス感染症が世界的に流行する2020年3月現在、同社のVR手術トレーニングはより大きな意義を持っています。流行拡大を防ぐため、現場に集まっての実技研修の機会は減少。多くの研修医が単独で重要な作業を行うことに不安を感じ、90%以上が追加のフェローシップ期間を選択しているということです。

これに対し、VRであれば実際に人々が集まる必要はありません。効率的なトレーニングを実現し、CEOのDanny P. Goel氏によれば、わずか30分間で300名のデバイス営業者のトレーニングを行ったこともあります。それでいながら、一方的な座学とは異なり双方向の学習が可能で、習熟度を上げることが期待できます。

Precision OSのVR手術トレーニングは、一体型VRヘッドセットOculus Questに対応。感染症の流行を受けリモートでの教育や協業が叫ばれる今、さらに存在感を増していきそうです。

(参考)VRScout
Mogura VRはVRScoutのパートナーメディアです。


キズナアイ消滅の危機!?「#いちにちネットなし生活チャレンジ」動画公開

2020/03/25 12:32 VTuber 最新ニュース一覧

インスタの“ARフィルター”承認手続きが一時停止

2020/03/25 12:32 業界動向