ホーム
PSVR
Oculus Rift
HTC Vive
Gear VR
Daydream
スマホVR
ビジネス・投資
動画・映像体験
テクノロジー・開発
イベント・体験
ゲーム・アプリ
コラム
イベントカレンダー

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

中国のPICO、最新のスマホ用CPUを搭載したスタンドアローン型のVRHMDを発表

中国のPico Technology社は、VRヘッドマウントディスプレイPico Neoを発表しました。PCやスマートフォンに依存しないスタンドアローン型。プロセッサには、Qualcomm社のスマホ用最新CPUであるSnapdragon 820が搭載されます。

Pico Neo

片目1080×1200、両眼で2Kの解像度を誇る有機ELディスプレイ。描画の滑らかさを示すリフレッシュレートは90H、描画の遅延(レイテンシ)は20ms以下とOculus RiftやHTC Viveと同程度です。3D音響を内蔵、123通りのハプティクス・フィードバックも備えています。2016年6月に中国での発売を予定し、予約を開始しています。

Snapdragon 820は2016年1月のCESのレポートでもお伝えした通り、VR対応を意識して設計されたプロセッサです。早くもその性能を活かしたVRHMDが登場したということになります。

なお、CPUが内蔵されるのはコントローラー部分というユニークなデザインをしています。

Pico Neo

また、付属するのかは不明ですが、手を動かすことのできるモーションコントローラーと位置を認識するためのトラッキングカメラもあり、ハイエンドなVR体験が可能な一通りのセットとなっているようです。

Pico Neo

Androidベースのシステムとなっており、コンテンツの配信は独自のプラットフォームになるとのこと。中国国内でゲームや映像配信のプラットフォームと話を進めている模様です。

実際にどのような体験になるのか、またどのようなコンテンツが体験可能になるのか。気になるところです。

なお、Pico社は、5月10日に開催されるJapan VR Summitのスポンサーを務めています。

(関連記事)
【CES2016】モバイルVRを大幅に引き上げるクァルコムの次世代チップセットSnapdragon 820

(参考)
Pico Neo 公式サイト
http://www.picovr.com/neo.html

この記事を書いた人

すんくぼ(久保田 瞬)

慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。VRジャーナリスト。
VRが人の知覚する現実を認識を進化させ、社会を変えていく無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。VR/AR業界の情報集約、コンサルティングが専門。また、国外の主要イベントには必ず足を運んで取材を行っているほか、国内外の業界の中心に身を置きネットワーク構築を行っている。

Twitter:@tyranusii

デイリーランキング

VRデバイス 360度カメラ 一覧
VR業界 2018年
バーチャルユーチューバー 最新情報まとめ
VR ソフト 360カメラ セール

Mogura VRの新サービス!
VR体験施設の検索サイト「Taiken.tv」
VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」

ニンジャマスクの購入はこちら! Mogura VR Store
VR関連の求人はこちら! Mogura VR Job
オフィスやイベント会場でVR体験会が実現できる!

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集
360度カメラ撮影レポート
Insta360
シリコンバレーVR/ARニュース