デイリーランキング

話題の裸眼立体視ディスプレイ「Looking Glass」日本上陸へ

開発

2019/02/18 20:33

カヤック、2018年決算を発表 「VR SPARC」への投資継続

業界動向

2019/02/18 17:35

Oculus創設メンバーが語る「2019年のVRが楽しみな理由」、HoloLens 2の予告動画が公開か – 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2019/02/18 08:00

“深度センサー”でスマホはどう変わる? ソニーが描くその未来

テック

2019/02/14 19:00

「2019年のVRが楽しみな理由」Oculus創設メンバーが語る

業界動向

2019/02/13 12:02

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

三井住友海上、360度カメラ活用の業務研修アプリ

VRコンテンツや360度コンテンツは、ふだん体験できないことや、危険な環境を疑似体験することができるため、企業の研修などにも活用がされています。

今回、三井住友海上火災保険株式会社は、スマートフォン向け事故防止用の養成アプリ『リスクハンター』の提供を12月より開始しました。本アプリは、非熟練労働者やアルバイト従業員の事故防止のために開発されたとのことです。

『リスクハンター』は、360度カメラで撮影した倉庫内の映像を見ながら、危険がある場所を探し、画面をタッチする学習ツールです。主に物流事業者の従業員を対象に、スマートフォンを操作しながらゲーム感覚で学べ、貨物事故防止に活用することができます。

本アプリに登場するステージ上の「注意ポイント」を探し出すことで、作業時の危険に関する「気づき」を与えることができ、リスクを発見するたびに得点が加算されると共に、具体的な事故防止策を学習することができます。また、同社の「注意ポイント解説書」により、詳しい事故防止策に関する知識の定着のサポートがされるとのことです。

本アプリの利用イメージとしては、従業員がアプリを通して体験したデータの状況を確認し、それに対するフォローを行い、企業の管理責任者を経由して従業員へフィードバックをする流れとなります。

同社は近年の労働者不足を背景に、非熟練労働者やアルバイト従業員が増加している中、企業の安全管理者にとって貨物事故の防止が重要な課題となっています。こうした課題の解決を支援するため、本アプリの開発に至ったとのことです。

なお今後同社は、トラックへの貨物の積み込み時やフォークリフト作業中などのリスク軽減ニーズにも応えることで、物流現場のさまざまな場面で発生している貨物事故防止に役立てていくとのこと。

『リスクハンター』の概要

対象者

全ての法人企業

利用料

無料


イベント情報

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」



イベント情報

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」

3Dデータを簡単にVR出力する『SYMMETRY alpha』 対応ソフトや初心者機能が追加

2017/12/21 11:31 テック

新型PSVRの入荷・再販情報を知るには?

2017/12/21 11:31 PlayStation VR(PSVR)