デイリーランキング

視界に心拍数や速度を表示するスポーツアイウェア向けARプラットフォーム「NexT」

業界動向

2021/11/29 18:30

デジハリ大ら、アバター生成&装着アプリ「beCAMing」を提供開始 オンライン授業向けに

活用事例

2021/11/30 19:31

「メタバースは8兆ドルの市場」モルガン・スタンレーが語る

メタバース

2021/11/24 11:30

サウジアラビアはAR導入に理想的? Snapが語るその可能性

業界動向

2021/11/29 19:00

ボルボ、イスラエルのスタートアップ企業に出資。ARHUD開発を推進

投資

2021/11/30 12:28

MoguLive facebook twitter hatena line

XRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

「AR×音」でコンクリートの内部欠陥を検査、三重大学らが開発

三重大学大学院工学研究科とジョーカーピース株式会社は、AR技術を活用した外装タイルやコンクリートの欠陥の簡易検査アプリ『AR打音検査アプリ』を開発しました。本アプリと打音発生器を組み合わせることで、コンクリートの内部にある欠陥などを簡易検査できます。

構造物の維持管理において、劣化や欠陥を早期発見することは、補修・改修コストを圧縮できるだけでなく、劣化により発生する事故等を未然に防ぐという重要な役割があります。しかし建造物の劣化診断や健全度の評価は、おおむね構造物全体が対象となるため、調査費用は一般に高額となってしまうことが課題とされてきました。

この課題に対し、三重大学とジョーカーピースはAR技術を活用、低コストで内部欠陥を検査できるスマートフォン向けアプリ『AR打音検査アプリ』を開発しました。対象は外装タイルおよびコンクリートとされていますが、金属材料やその他の環境測定にも応用は可能としています。

https://www.youtube.com/watch?v=SAqtrOmZENI

本アプリでは測定したい表面において「打音」を発生させることで、その音を時間周波数分析します。分析された画像は測定区間に描写され、画像を確認しながらタイル異常地点の検査をすることができます。

(参考)ジョーカーピース株式会社 プレスリリース


【注目の記事】
新しい技術であることを言い訳にしない 集英社と共同でXR組織を立ち上げた「THINK AND SENSE」インタビュー

【注目の記事】
新しい技術であることを言い訳にしない 集英社と共同でXR組織を立ち上げた「THINK AND SENSE」インタビュー

目の前がデジタルライブ会場に AR活用の視聴アプリ登場

2018/03/29 11:00 AR/MR

金正恩氏、電撃訪問の中国でVRを体験

2018/03/29 11:00 活用事例