デイリーランキング

スマホ1台で収録や配信 法人が使えるVTuberアプリが提供開始

業界動向

2020/02/21 15:40

NTT東西、通信速度10Gbpsの「フレッツ 光クロス」を4月より提供開始 VR/ARも見据える

業界動向

2020/02/20 17:00

バーチャルツアーで文化財の魅力伝える、京都文化博物館を3Dスキャン

活用事例

2020/02/21 18:00

2019年、VRは大きな転換点を迎えた

業界動向

2020/02/17 11:30

KDDI、新型コロナで中止のイベントをバーチャル開催へ 社長も登壇

業界動向

2020/02/19 16:09

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

空間を触って触覚再現 超音波ハプティックのスタートアップが2300万ドルを調達

超音波による触覚フィードバック技術を開発するUltrahapticsは、シリーズBの投資フェーズにおいて2300万ドル(約26.0億円)の資金を調達したと発表しました。

超音波で操作する空中触覚フィードバック

Ultrahapticsは、2013年に設立された触覚フィードバックを開発するイギリスの企業です。

同社は「mid-air haptics(空中ハプティック)」と呼ばれる、“何も手に持たず空中を押すと、ボタンやモノの触感を感じる”という超音波による触覚フィードバック技術を開発しています。

最近では2月から3月にかけて行われたGDC2017に出展しており、同社は最新のシリーズB資金調達ラウンドにおいて2,300万ドル(約26.0億円)の資金を調達しました。

同社は今後、VR/AR産業への参入を開始する予定だとしています。

 

https://www.youtube.com/watch?v=GDra4IJmJN0

開発者キットを提供中

Ultrahapticsは現在、非営利団体や学術研究機関によるR&D;への利用や、提供中の開発者キット、評価プログラムなどを通して利用することができます。開発者キットであるTOUCH Development Kitは、現在1,899ユーロ(約23万円)で提供されています。

mid-air hapticsでは、DJのスライダーやコンロのつまみといったインターフェースを、何もない空間を触るだけで直感的に操作できるといった技術を実現します。専用の手袋などが不要であり、汎用性の高いハプティックインターフェースになることが期待できます。

(参考)
UploadVR / Ultrahaptics Closes $23 Million Funding Round For Holodeck-like Haptics(英語)
https://uploadvr.com/ultrahaptics-23-million-funding-round-spur-movement-vr-ar/

Ultrahaptics / Ultrahaptics Announces B Round Investment of £17.9M
https://www.ultrahaptics.com/investment/


【スポンサードポスト】
・3Dデータを手軽にVRへ。自動車や住宅などで導入進む「MeshroomVR」
・【特別企画】2Dお絵描き感覚で3Dキャラが作れる「VRoid Studio」講座、第一回を無料掲載!

2019年までにハイエンドなVRはPC込みで1000ドル以下に

2017/05/05 12:33 活用事例

SAOの世界は訪れるのか? 水島精二氏らの「VR×アニメ」対談も開かれる「徳島VR映像祭」紹介

2017/05/05 12:33 イベント情報
新規CTA

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集