デイリーランキング

新VRデバイス「VIVE Cosmos」の正体とは HTCのキーパーソンに突撃インタビュー

業界動向

2019/01/18 18:45

CESで存在感を高めるデジタル・ヘルス、VRによる医療の再定義 – 起業家医師から見た医療×VRのいま

ビジネス活用事例

2019/01/18 17:30

マイクロソフト、2月末にMRデバイスHoloLens2発表か

業界動向

2019/01/18 11:30

GeForce RTX 2060、多くがVirtualLink用ポート未実装か

テック

2019/01/17 18:00

VRストリーミング配信のNextVR、従業員の大規模なレイオフへ

業界動向

2019/01/17 12:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

メディア工房、中国VR企業と提携し一時ストップ高へ

メディア工房は4月2日、中国のVRデバイス開発企業、北京凌宇智控科技有限公司(LYRobotix Co., Ltd)と業務提携を行いました。

契約の対象はLYRobotix社が開発・製造しているVRコントローラー端末「NOLO」の日本における販売総代理権、および同社が運営するVRコンテンツプラットフォーム「NOLO HOME」の、日本における運営権です。

同社の株価に関して2日の終値は545円ですが、本業務提携が発表された後、同日の13時ごろには一時ストップ高(604円)となりました。

VR領域に着手、コンテンツ拡充ねらう

LYRobotix社は2017年1月、KickstarterにてNOLOに関するクラウドファンディングを行い、わずか8時間で目標の5万ドルを達成したことで注目を集めました。

NOLOの特徴は、マーカーを装着してどこか手近な場所にベースステーションを置くだけで、スマートフォン(スマホ)を利用したVRでも、自由に歩き回ることのできる「ルームスケール」が実現することにあります。

スマホVR用ポジトラキット「NOLO」クラウドファンディング初日にゴール達成

スマホVR用ポジトラキット「NOLO」クラウドファンディング初日にゴール達成

MoguraVR

LYRobotix社は、2018 年2月にはNOLO対応コンテンツを集めたプラットフォーム「NOLO HOME」のβ版を発表、2018年夏頃を目途に正式リリースを予定しています。メディア工房は本業務提携を通じて、日本におけるVRコンテンツの拡充を進めていくとのことです。

メディア工房は2017年7月にも中国のデバイス開発企業、小派科技(上海)有限責任公司(Pimax Technology)と業務提携契約を締結しています

提携先概要

名称

北京凌宇智控科技有限公司(LYRobotix Co., Ltd)

所在地

北京市海淀区西小路口 66 号中関村東昇科技園·北領地
B-2 楼 1 層 D102A11(東昇地区)

代表者氏名

張道寧

事業内容

VR コントローラー端末の開発、VR プラットフォーム運営

資本金

1,470,600元

設立年月日

2015年4月20日

Webサイト

NOLO—Motion Tracking for VR/AR

NOLO—Motion Tracking for VR/AR

www.nolovr.com

(参考) 株式会社メディア工房 プレスリリース

【PSVR】空を駆けネウロイを殲滅せよ、『ブレイブウィッチーズ VR』 発売

2018/04/03 11:00 PlayStation VR(PSVR)

『ドラクエVR』VR ZONEに登場 みんなでゾーマの城を目指せ

2018/04/03 11:00 イベント情報