デイリーランキング

世界最大の32インチ3D裸眼立体視ディスプレイ「Looking Glass 8K」発表、DCEXPOで初公開

業界動向

2019/11/13 01:00

OculusのCTO、VRの現状には「満足していない」

業界動向

2019/11/13 19:00

MRグラス「NrealLight」でアート作品を鑑賞。渋谷PARCOで展示

業界動向

2019/11/12 19:30

VR/AR/MRカンファレンス「XR Kaigi 2019」セッション内容紹介

セミナー・カンファ

2019/11/12 12:15

アップル製ARグラスは2023年発売か? 新VR/ARヘッドセット開発の情報も

業界動向

2019/11/13 12:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

VRでプレイヤーに自ら反応するAIバーチャルキャラクター

英ロンドンを拠点に活動するVR制作スタジオのMaze Theoryは、まるで本当に実在しているようなバーチャルキャラクターの制作に取り組んでいます。

Maze Theoryは、英政府のVR制作プログラム「Audience of the Future programme」に選出されたチームのひとつです。このプログラムでは、国内で選ばれた制作チームには全体で総額400万ポンド(約5億7千万円)の補助金が分配されます。同スタジオは現在、2020年のリリースに向けて、AI(人工知能)技術を用いたVRゲーム「Peacky Blinders」を開発しています。

まるで人間のようにリアクションするバーチャルキャラクター

日本でも、見た目がリアルなバーチャルインフルエンサー「MEME(メメ)」が、Instagramで活動するなど、人間同様な容姿のバーチャルキャラクターが増えています。しかし、Maze Theoryのプロジェクトでは、見た目がリアルなキャラクターを制作するということだけでなく、キャラクターが、プレイヤー側が取った行動に反応し、まるで人間のように振舞うことができるようにすることを目的としています。同スタジオは、ゲームのキャラクターが最初から設定されている行動を行うのではなく、ユーザーの動きやジェスチャー、声などの音に反応してリアクションを取るという体験が提供できるよう制作に取り組んでいます。

Maze TheoryのエクゼクティブプロデューサーであるRuss Harding氏は、この取り組みについて次のようにコメントしています。

私たちのシステムでは、VRキャラクターがプレイヤーの行動に直接反応するだけでなく、ジェスチャーや小さな動き、ボディランゲージなどにもリアクションできるようにすることを目的としています。このようなリアクションで、VRキャラクターの行動がどのように変わっていくかとても楽しみに思います。プレイヤーの位置の微妙な差異やキャラクターとの向き合い方や距離などの細かな点について目を向けています。

プレイヤーが取りうるそれぞれの動きスタジオで行い、取得することも可能ですが、Maze Theoryの制作チームはそれ以上のシステムの開発に取り組んでいることです。現在チームはプロトタイプの制作を進めており、どのようなシステムが構築されていくか詳細は未だ明らかになっていません。

(参考)UploadVR, Maze Theory



【Sponsored Post】
・ストリートとテクノロジーが出会うとき、何が起こるのか? 表現の最前線を行く「JIKKEN」を見よ
・藤井直敬の「現実を科学する」 第二回:環境とヒト
・目の前に広がる「ポケモンGO」や「Ingress」の世界 話題を集めた体験の舞台裏

オートデスクからマルチプレイ可能な建築向けVRツール Questにも対応

2019/05/08 12:00 活用事例

使える?GoogleマップのAR機能をさっそく試してみた

2019/05/08 12:00 AR/MR

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集