デイリーランキング

視界に心拍数や速度を表示するスポーツアイウェア向けARプラットフォーム「NexT」

業界動向

2021/11/29 18:30

デジハリ大ら、アバター生成&装着アプリ「beCAMing」を提供開始 オンライン授業向けに

活用事例

2021/11/30 19:31

「メタバースは8兆ドルの市場」モルガン・スタンレーが語る

メタバース

2021/11/24 11:30

サウジアラビアはAR導入に理想的? Snapが語るその可能性

業界動向

2021/11/29 19:00

ボルボ、イスラエルのスタートアップ企業に出資。ARHUD開発を推進

投資

2021/11/30 12:28

MoguLive facebook twitter hatena line

XRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

ソフトバンク、位置情報や地図検索の米企業に約185億円を投資

位置情報や地図検索サービスを提供するアメリカのスタートアップ企業Mapboxはソフトバンク(Softbank Vision Fund)から1億6,400万ドル(日本円約185億円)の投資を受けたことがわかりました。同社はこの投資により、自動運転向けのシステムを開発するほか、VR/AR向けのシステムを開発しアジア圏に広げることを目指します。

Mixed Reality分野への拡張も視野

Mapboxの位置情報技術は車内ナビゲーションや自律走行システムに適しており、今回の資金を使って車に搭載するコンピュータビジョン技術を使った機器を新規に開発する予定です。

また、VR/ARの分野ではゲーム開発エンジンであるUnity SDKを使って会社の仕事を成長させるなど、ゲームとMixed Realityに取り組んでいくとのこと。

ソフトバンク・インベストメント・アドバイザーズ(SoftBank Investment Advisors)のCEO、Rajeev Misra氏は、「位置情報は、自律的な輸送からロボット、AR、VRまで、世界で最もエキサイティングなテクノロジー開発の中心であり、達成しなければならないなものです。Mapboxには世界をライブで地図化するユニークなプラットフォームがあります。Mapboxに投資することで、私たちは情報革命の次の段階の基盤インフラストラクチャに投資しているのです。」と述べています。

アジア圏に広げるとのことで中国市場を狙っているのことですが、日本に上陸する日もそう遠くはなさそうです。

(参考)
Mapbox raises $164M to expand its location platform to cars, VR, AR and Asia/Techcrunch(英語)
https://techcrunch.com/2017/10/10/mapbox-raises-164m-to-expand-its-location-platform-to-cars-vr-ar-and-asia/


【注目の記事】
新しい技術であることを言い訳にしない 集英社と共同でXR組織を立ち上げた「THINK AND SENSE」インタビュー

【注目の記事】
新しい技術であることを言い訳にしない 集英社と共同でXR組織を立ち上げた「THINK AND SENSE」インタビュー

Oculus Rift、定価5万円へ値下げ 商用利用可なビジネス版も登場

2017/10/12 11:30 Oculus Rift 最新情報

VRで太陽の上を自由散歩 天体学習アプリ

2017/10/12 11:30 ゲーム・アプリ