デイリーランキング

中国発の“折り畳めるARグラス” 2020年発売へ

テック

2020/01/20 11:30

米Mojo、スマートコンタクトレンズを開発中 「目に見えないコンピューティング」目指す

テック

2020/01/18 11:30

HoloLens 2、一部のデバイスで表示に問題か。マイクロソフトは「対応中」

業界動向

2020/01/19 11:30

渋谷PARCOのVR/AR展示、1ヶ月で25,000人を動員

業界動向

2020/01/17 19:30

「ARグラスのブレークスルーは2020年代」ザッカーバーグ語る、介護向けVRスタートアップの資金調達先に注目  ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2020/01/20 10:04

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

スマホで簡単に3DCGアバター作成、バーチャルYouTuberにも使える『Make avatar』登場

株式会社シーエスレポーターズ・Gugenkaは、スマートフォンで3DCGアバターを作成できるARアプリ『Make avatar』を発表しました。3DCGの知識がなくても、誰でも簡単にオリジナルのキャラクターメイキングができます。また、無料のプラグインを使用することで、昨今話題となっているバーチャルYouTuber(VTuber)用のアバター作成にも使用することが可能です。

スマホだけでキャラメイクが可能に

『Make avatar』は、スマートフォンだけで目や口、輪郭、髪型、体(身長や体の幅)などさまざまな部位の調節が可能です。完成したアバターは他の人と共有することや、他のアバターにアレンジを加えることもできます。アップデートにより、服の追加購入なども行えるようになります。

アバターベースモデルの第一弾はバーチャルSHOWROOMERである「東雲めぐ」のキャラクターデザインを手がけた五十嵐拓也氏が担当。『うたっておんぷっコ♪』の世界観でオリジナルのアバターを作成できます。

作成したアバターは、ARでフィギュアを現実に飾ることができる『HoloModels』、人気ソーシャルVR『VRChat』、上記「東雲めぐ」にも使用されている株式会社XVI(エクシヴィ)の配信システムである「AniCast」で使用可能となる予定です。

(参考) 株式会社シーエスレポーターズ・Gugenka


「現実より広いVR空間を歩ける技術」NVIDIAが発表

2018/04/04 12:30 テック

FacebookのVRアプリ より本人に近いアバターに

2018/04/04 12:30 ゲーム・アプリ
新規CTA

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集