デイリーランキング

KDDI、新型コロナで中止のイベントをバーチャル開催へ 社長も登壇

業界動向

2020/02/19 16:09

2019年、VRは大きな転換点を迎えた

業界動向

2020/02/17 11:30

「Google Chrome」のAR対応が強化、API拡張へ

開発

2020/02/18 18:33

世界最大級のXRカンファレンスAWE、5月27日からカリフォルニアで開催

セミナー・カンファ

2020/02/19 11:30

近畿経済産業局、ビジネス向けVR/AR/MRの手引き・事例集を公表

業界動向

2020/02/18 19:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

Leap Motion、VR向けに最適化されたハンド・トラッキングエンジンOrionを公開

Leap Motionは、VR向けの新たなハンド・トラッキングエンジンOrionを公開しました。

https://www.youtube.com/watch?v=rnlCGw-0R8g

同社は、赤外線センサーにより、手に何も装着することなく手を動かしてインターフェースを操作することのできるLeap Motionコントローラーを開発・販売してきました。

当初は、PCの前に小型のデバイスを置きWindowsの操作を手で行うことができるコントローラーとして登場しました。しかし、VR内で手を動かせるデバイスとしてOculus RiftなどVRヘッドマウントディスプレイで非常に多く使用されてきました。

最近ではVR関連の用途へと方針を転換させ、あらたなプロダクトの開発に携わっていることが明らかになっていましたが、その名称がOrionであり、ソフトウェアとハードウェア両方から成ることが明らかになっています。今回はソフトウェアのベータ版Orion Betaが公開されています。

Orion_3

Orion_2

Orionは、VRHMDと使用することを念頭に設計されたハンド・トラッキングエンジンです。これまでよりも低遅延で速く・正確で・トラッキング範囲も広くなったことをウリにしています(これまでは、前方正面のみでVRHMD装着時の視界と比べて認識範囲は狭くなっていました)。

expanded-range

robust-environments

公開されているのはLeap Motion向けのWindows用のソフトウェアです。
ダウンロードはこちらから。

VR向けの手の動きはOculus TouchやSteam VRコントローラー、PS Moveなどのように実際に手で掴んで使用するものが各プラットフォームで整えられつつあります。しかし、手に何も持たずにそのまま使用できる操作方法もLeap Motionをはじめ今後登場するものと思われます。

Leap Motionは、今後Orionのハードウェアのリリースに向けて、OEMでVRHMDへの組み込むために動いているとのこと。どのような形でハードウェアがリリースされるのか注目したいところです。

(参考)
Leap Motion / Introducing Orion: Next-Generation Hand Tracking for VR
http://blog.leapmotion.com/orion/


【スポンサードポスト】
・3Dデータを手軽にVRへ。自動車や住宅などで導入進む「MeshroomVR」
・【特別企画】2Dお絵描き感覚で3Dキャラが作れる「VRoid Studio」講座、第一回を無料掲載!

ハリソン・フォード、TED2016に出展するVRテーマパーク「The VOID」を体験

2016/02/18 09:20 イベント情報

VRテーマパーク「The VOID」の高性能VRヘッドマウントディスプレイがTEDで初披露

2016/02/18 09:20 イベント情報
新規CTA

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集