デイリーランキング

バンダイナムコは“VR事業が増収に寄与” 調査結果により明らかに

業界動向

2019/07/22 12:00

メディア工房、実写立体動画の撮影システムを発表 点群を使い動きを再現

テック

2019/07/19 11:00

NVIDIAが広視野角・高解像度ARデバイス開発、米VR体験施設への大規模出資判明 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2019/07/22 08:00

VRで違和感のない触覚を実現するために フェイスブックが研究状況を公開

テック

2019/07/22 11:45

VTuberはビジネスで活用できる?メリットから課題まで語られた「VTuber活用丸わかりセミナー」レポ

VTuber利活用

2019/07/22 11:30

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

足踏みするだけでVR内を歩けるデバイス「KAT loco」発表、クラウドファンディングが6月中に予定

中国のKAT VR(Hangzhou Virtual Technology)は、VRヘッドセット向けの歩行用デバイスKAT locoを発表しました。ユーザーはその場で足踏みをするだけで、VRコンテンツ内で移動できる仕組みです。

2019年6月現在、「KAT loco」への対応が正式に判明しているVRヘッドセットはOculus Quest、HTC VIVE、PlayStation VR、Windows Mixed Reality系ヘッドセット、そしてPimaxシリーズです。

KAT VRの歩み

2013年に創業したKAT VRは、これまでにもVRヘッドセットと組み合わせて使用する「KAT Walk」、「KAT Walk Mini」といった歩行用デバイスを手がけてきました。これらのデバイスでは、全方向ルームランナー方式を採用。高い没入感を得られる反面、一般ユーザーが自宅に設置するには厳しい面が存在する製品でした。

今回発表された「KAT loco」は、ルームランナー形式ではなく、センサーによる動作認識システムが採用された製品です。KAT VRによると、同デバイスは両脚に1つづつ、腰に1つ装着する、計3つのワイヤレスセンサーで動作するとのこと。

様々な動きに低レイテンシで対応

「KAT loco」のセンサーは、頭部と身体の動きを独立して認識するため、ユーザーは歩きながら頭部を動かす動きを行うことが可能です。脚を所定の位置に動かすことで、(前方を向いたまま)後退運動も行えます。

本デバイスの紹介映像からは、その他にも脚を少し前に出すだけで、VRゲーム内のキャラクターが自動的に前進する「クルーズコントロール」機能や、左右や後ろに動き続ける「ストレイフ」機能などの実装が確認できます。KAT VRによると、しゃがみや伏せ、ジャンプといった動作も「KAT loco」は検知可能としています。

https://www.youtube.com/watch?v=SvTbB19bvIw

クラウドファンディングが6月から開始

2019年6月15日現在、「KAT loco」の発売日は発表されていません。KAT VRは同デバイスのためのクラウドファンディングをKickstarterで行うとプレスリリースで告知。詳細な日程は未公表ながら、6月中の開催を予定と説明しています。

VR歩行用デバイス「KAT Walk Mini」クラウドファンディングへ

VR歩行用デバイス「KAT Walk Mini」クラウドファンディングへ

MoguraVR

VRFPSなどで大活躍!VRゲーム内で"歩行"を可能にするデバイス「WalkOVR」体験レポ

VRFPSなどで大活躍!VRゲーム内で"歩行"を可能にするデバイス「WalkOVR」体験レポ

MoguraVR

(参考)プレスリリース





VTuber「鷹森ツヅル」がオリジナルMVを公開 ギターを演奏しながら歩く、完成度の高い2Dアニメーション

2019/06/17 19:45 VTuber 最新ニュース一覧

Oculus Questレンタルで「東京クロノス」がプレイできるキャンペーン、6月21日からスタート

2019/06/17 19:45 Oculus Quest