デイリーランキング

人の目レベルの超高解像度VRデバイス「VR-2」国内販売開始

業界動向

2019/11/08 12:15

アップルの“ARに干渉する”特許、新型ARグラスは共同開発か ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2019/11/11 08:00

Gear VR向けアプリの開発サポートが終了、時代はスマホVRから一体型へ

開発

2019/11/11 12:30

VR製品が寄与か? フェイスブックの非広告収入が43%増

業界動向

2019/11/11 11:30

藤井直敬の「現実を科学する」 第三回:“新しい現実”と向き合うには?

業界動向

2019/11/11 12:00 Sponsored

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

インテル、スポーツVR配信に新型カメラ導入 角度を変えて楽しむ技術も

インテルは、スポーツのVR配信に使うカメラのアップグレードを行いました。放送機器を扱うAltia Systems社が明らかにしたもので、これによりイベント会場側でのカメラの導入が容易になり、インテルの立体映像ライブ配信技術「True VR」による配信の増加が期待できます。

「True VR」とは

「True VR」は、多数のレンズを備えた特殊なカメラを用いて、スポーツの試合映像などを立体映像でライブ配信する技術です。これまでにMLBやNBAの試合、2018年の平昌オリンピック等の映像配信を行いました。

今回Altia Systems社の新型カメラPanaCast Liveの導入により、1セットにつき6台のカメラで撮影が可能になりました。各カメラが13メガピクセル、60fpsの画像を記録。カメラセット内でスティッチング処理を行います。カメラの導入が容易になるため、より多くのスポーツイベントで「True VR」の活躍が期待されます。

「True VR」は屋内でも屋外でも使用可能。コンテンツはライブストリーミングのほか、録画してオンデマンド配信することもできます。映像は「True VR」のアプリを使って、サムスンのGear VRやDaydream対応デバイスで視聴します。

好きな角度から楽しむ技術も

インテルは「True VR」の他にも、「True View(旧名:freeD)」という技術の開発を進めています。5K解像度のカメラ38台を使って撮影し、フル3Dの映像を編集します。視聴者は、好きな角度(実際には撮影していない箇所でも)から試合を観戦することが可能です。

https://www.youtube.com/watch?v=J7xIBoPr83A

スポーツ中継に関するインテルの取り組みは、こちらの記事でも紹介しています。

https://www.moguravr.com/ces-2018-intel-studio/

https://www.moguravr.com/olympic-intel-360/

https://www.moguravr.com/intel-tnt-nba-vr/

(参考)SportTechie



【Sponsored Post】
・ストリートとテクノロジーが出会うとき、何が起こるのか? 表現の最前線を行く「JIKKEN」を見よ
・藤井直敬の「現実を科学する」 第二回:環境とヒト
・目の前に広がる「ポケモンGO」や「Ingress」の世界 話題を集めた体験の舞台裏

ナイアンティックが計画する現実の3Dマップ化 ユーザーのカメラ情報を収集

2018/05/11 12:00 AR/MR

【PSVR】退屈な人生からサラリーマンを脱出させる「Salary Man Escape」発売

2018/05/11 12:00 PlayStation VR(PSVR)

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集