デイリーランキング

2019年、VRは大きな転換点を迎えた

業界動向

2020/02/17 11:30

KDDI、新型コロナで中止のイベントをバーチャル開催へ 社長も登壇

業界動向

2020/02/19 16:09 New

JDIが高精細VR向け液晶を量産開始、メガネ型デバイスに向け

業界動向

2020/02/17 19:34

「Google Chrome」のAR対応が強化、API拡張へ

開発

2020/02/18 18:33

2020年、XR産業の展望は? プレイヤー14社が語る

業界動向

2020/02/17 12:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

グーグル、VR用に“モーター内蔵の靴”の特許を出願

グーグル(Google)が2018年5月、VR向けにモーターを組み込んだ靴特許を出願したことが明らかとなりました。様々な企業がVR内での移動について模索を続けている中、ITの巨人であるグーグルもまた、この分野における検討を進めていることが分かります。

内蔵されたモーターがユーザーを元の位置に戻す

現在、VR内の移動には“酔い”に関する課題があります。一般的なゲームの動きや移動方法をそのままVRに取り入れる場合、プレイヤーが不快に感じることが多々あります。従来の歩行ではなく、いわゆるワープ型の移動手法も存在しますが、より自然で没入感を損なわない移動方法の模索が続けられています。

今回明らかになったグーグルの特許は靴に関するものです。モーターを内蔵し、PCやヘッドセットで移動を検知するためのセンサーを含んでいます。このモーターにより、ユーザーは前に歩いたとしても、現実では元の場所に戻されることでその場に留まりつつ、VRでは無制限に移動できる、とグーグルは説明しています。

続くVR内での移動実現に向けた取組

VRでの移動を実現するためのデバイスは、これまでも様々な企業・大学が研究開発を進めています。製品化したデバイスとしてはサンダル型の「Cybershoes」、ランニングマシンのようなデバイス(トレッドミル型)としては「Omni」や「Kat  Walk」などが登場しています。

歩行用のデバイスは実際に歩いている感覚の再現が難しいだけでなく、安全性などにも考慮しなければならず、2018年現在もVRでの移動を実現する決定的なデバイスはその姿を現していません。グーグルが今回出願した特許が実際になんらかの製品へ結びつくのかは不明ですが、この特許がVRにおける移動デバイスを一歩前進させることになるのかもしれません。

(参考)Digital Trends米国特許商標庁


【スポンサードポスト】
・3Dデータを手軽にVRへ。自動車や住宅などで導入進む「MeshroomVR」
・【特別企画】2Dお絵描き感覚で3Dキャラが作れる「VRoid Studio」講座、第一回を無料掲載!

VRデバイス不要のVRシステムを目指す提携、ファーウェイのARヘッドセット投入計画 – 週間振り返りVR/AR/MRニュース

2018/11/19 11:27 業界動向

「水に映った光を手ですくう」体験やVRヘッドセット内の表情認識、DCEXPOの注目展示ピックアップ(前編)

2018/11/19 11:27 業界動向
新規CTA

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集