デイリーランキング

世界中からメタバース関連の話題をお届け メタバース通信 vol.21

メタバース

2022/01/14 14:55

VR/ARでの利用も視野、「電子コンタクトレンズ」を開発するInWith

テック

2022/01/11 11:00

XR/メタバースの海外最新動向を語る「CES2022報告会」、1月19日にオンライン開催

セミナー

2022/01/13 17:00

「Quest 2は長い間、展開することになる」改めて明らかに

業界動向

2021/12/29 19:30

暗号資産取引所Geminiが4億ドルの資金調達 メタバース関連の投資などへ

メタバース

2021/11/23 20:00

MoguLive facebook twitter hatena line

XRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

米アイスホッケーのプロチーム、ファンが利用できる“練習場”をVRで公開

米アイスホッケーリーグNHL(National Hockey League)に所属するベガス・ゴールデンナイツは、同チームの練習施設があるシティ・ナショナル・アリーナにファン向けのVR設備を導入しました。


(画像:ベガス・ゴールデンナイツ公式サイト)

同施設はチェコ共和国の首都・プラハに本拠を置くVRソフト開発会社Sense Arenaによって構築されたもの。ユーザーのレベルに応じて80種類以上のトレーニングができるとしています。

ユーザーはHTC VIVE VRヘッドセットと、自分の動きを追跡できるセンサー付きのホッケースティックを装着。シュートやパスなど、ユーザー自身のレベルに合わせて難易度の異なる80種以上のトレーニングを体験できます。

https://www.youtube.com/watch?v=lyO0yNiAc4Q

Sense Arenaの創設者でCEOのBob Tetiva氏は今回の取り組みについて、以下のように語っています。

「VRは多くの産業やスポーツ業界で実証済みのトレーニングツール。それをアイスホッケーの世界にも持ち込めてワクワクしています。ゴールデンナイツはNHLでは初めてこのシステムを導入したチームです」。

同設備はチームの試合がない日でもオープンしており、11歳以上であれば誰でも利用可能。利用料金は2ゲームで10ドル、5ゲームで20ドル。すべてのメニューを体験する場合はひとり40ドルとなっています。

横浜市、市役所跡地に"VR×スポーツ"施設をオープン予定 | Mogura VR

横浜市、市役所跡地に"VR×スポーツ"施設をオープン予定 | Mogura VR

MoguraVR

NBAに向けAR機能を導入、米スポーツ専門チャンネル | Mogura VR

NBAに向けAR機能を導入、米スポーツ専門チャンネル | Mogura VR

MoguraVR

VRでスポーツ観戦 ソフトバンクがスマホアプリ「LiVR」提供開始 | Mogura VR

VRでスポーツ観戦 ソフトバンクがスマホアプリ「LiVR」提供開始 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)Forbes

VR Web Browser 'Supermedium' No Longer in Active Development

Road to VR


【注目の記事】
・XR/メタバースの海外最新動向を語る「CES2022報告会」がオンラインで無料開催、1月19日
・殴って殴って殴りまくるVRリズムアクション「Blast Beat」発売! 1月21日まで20%オフ

VRゲーム「Vacation Simulator」日本語含む多言語対応 2進数表示も可能に

2019/10/31 12:00 ゲーム・アプリ

NHKで「VR空間」での生き方を特集 岡崎体育、ヤバTがアバターに!

2019/10/31 12:00 VTuber 最新ニュース一覧
VR/AR/MR 用語集