デイリーランキング

パナソニックの「超軽量・眼鏡型VRデバイス」体験会が開催、全3回

業界動向

2020/04/03 11:00 Sponsored

VIVEトラッカーを使って全身トラッキング 新たなソフトウェアが登場

開発

2020/04/03 12:30

ARで“空間にメモ”できる業務向けアプリ、LiDARにも対応

活用事例

2020/04/02 12:00

SteamがVRヘッドセット利用率調査の手法を改善、より正確に

統計・データ

2020/04/02 20:00

拡大する“VRトレーニング” 米企業が32億円調達、実施事例は150万件以上

投資

2020/04/03 17:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

片手で持って簡単撮影 iPhone用360度カメラが国内発売

片手で持って簡単撮影 iPhone用360度カメラが国内発売

ソフトバンク コマース&サービス株式会社は、iPhone用360度カメラ「Giroptic iO(ジロプティック アイオー)」を発売しました。

本製品は、iPhoneに直接装着が可能な360度カメラです。フランス、イギリス、アメリカ、シンガポールなど各国ですでに販売されていますが、2017年7月28日に国内でも発売されました。

本カメラは、iPhoneに接続するだけで専用アプリが起動し、以下の機能を利用することができます。

・360度動画(2K)や写真(4K)の撮影(手ぶれ補正機能付き)
・360度ライブストリーミング配信
・タイマー撮影
・Facebook、Twitter、Instagram、Youtubeなど、SNS・動画サイトへの投稿

約70gの軽量なボディに966万画素の高画質カメラを搭載し、アプリ自体も使いやすいものとなっています。実際の使用感については、Mogura VRの過去記事に詳細なレビューがあります。特筆すべき長所は以下の2点です。

・iPhoneのディスプレイによるモニタリングしながらの撮影
・撮影後のSNSシェアの手軽さ


片手で持ちながらの撮影が可能。iPhoneのカバーを外して逆さにして持ちます。


キャリングケースとUSBケーブル、布が同梱。


キャリングケースに入れた状態。

価格は税込で約29,800円。SoftBankのオンラインショップで販売されています。

スペック表

Giroptic iO

外形寸法

約73.0ミリ×35.0ミリ

重量

約70グラム

有効画素数

966万画素

撮影モード

写真、動画、ライブストリーミング配信

接続端子

Apple Lightning

充電端子

Micro USB

レンズ

2×195度 f/1.8 360度×360度

動画解像度

1920×960 30 fps / MP4(H.264)

静止画解像度

3840×1920 / JPEG

マイク

マイク: 2 (10-44Khz)、ステレオ / AAC

バッテリー容量

915mAh

アプリ

『iO 360』ダウンロードはコチラより

対応SNS

Facebook、YouTube(Twitter、Flickerなどはリトルプラネット画像を共有)

(参考)
プレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000037.000022656.html


ヴェネツィア国際映画祭にVR部門開設 中国のVR映画もノミネート

2017/07/31 18:29 VR動画

VR/ARは教育現場でどう使われているのか?その効果、今後の課題は?

2017/07/31 18:29 学校教育

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集