デイリーランキング

視界に心拍数や速度を表示するスポーツアイウェア向けARプラットフォーム「NexT」

業界動向

2021/11/29 18:30

デジハリ大ら、アバター生成&装着アプリ「beCAMing」を提供開始 オンライン授業向けに

活用事例

2021/11/30 19:31

「メタバースは8兆ドルの市場」モルガン・スタンレーが語る

メタバース

2021/11/24 11:30

サウジアラビアはAR導入に理想的? Snapが語るその可能性

業界動向

2021/11/29 19:00

ボルボ、イスラエルのスタートアップ企業に出資。ARHUD開発を推進

投資

2021/11/30 12:28

MoguLive facebook twitter hatena line

XRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

VRからリハビリまで “力”触覚デバイス「EXOS」

exiii株式会社は、2017年1月18日に、外骨格型の力触覚提示デバイス「EXOS(エクソス)」を発表しました。

EXOSは、振動などで物体の感触を伝えるタイプの触覚デバイスではなく、手や指に直接、内蔵するモーターで反力を与えることで感触を再現するデバイスとのこと。

VRゲームのほか、ロボットの遠隔操作、手を動かすリハビリテーションなどへの応用ができます。

EXOS独自の外骨格機構は、ガタやゆがみを抑え、関節角度や力を正確に伝えることが可能です。また、義手の開発の知見を元にして配置された4カ所の関節は、摘まむ、握るといった、手の基本的な動作を十分にカバーしているとのこと。

触覚デバイスといえば、CES2017にて開発機を展示したCerevoの「Taclim」が2017年秋頃に販売を予定しています。「Taclim」はタクタイル・デバイスを使用し、振動により触覚を再現していました。

また、先日1月13日に発表された任天堂の「Nintendo Switch」のコントローラーであるJoy-Conにも、繊細な振動を用いて触覚を伝える「HD振動」機能が内蔵されています。

このように、触覚デバイスの現在の主流は振動を用いたものですが、EXOSは、関節を動かし、実際に力を提示することによって触覚を再現する、新しいタイプのデバイスだと言えます。

なお、exiiでは、今回の発表に伴い、EXOSを活用したい企業からの連絡を受け付けるほか、EXOSの開発を加速するための人材の採用を開始するとのこと。お問い合わせに関しては以下の連絡先より。

EXOSの活用に関するお問い合わせ先:[email protected]
採用に関するお問い合わせ先:[email protected]
採用に関する情報:

http://exiii.jp/recruit/


【注目の記事】
新しい技術であることを言い訳にしない 集英社と共同でXR組織を立ち上げた「THINK AND SENSE」インタビュー

【注目の記事】
新しい技術であることを言い訳にしない 集英社と共同でXR組織を立ち上げた「THINK AND SENSE」インタビュー

中国にて資金調達を行ったVRスタートアップ紹介 第6回

2017/01/18 18:20 活用事例

セカンドライフは繰り返されるのか リンデン・ラボのソーシャルVR『Sansar』

2017/01/18 18:20 テック