デイリーランキング

スマホ1台で収録や配信 法人が使えるVTuberアプリが提供開始

業界動向

2020/02/21 15:40

2019年、VRは大きな転換点を迎えた

業界動向

2020/02/17 11:30

3Dデータを手軽にVRへ。自動車や住宅などで導入進む「MeshroomVR」

業界動向

2020/02/10 12:00 Sponsored

NTT東西、通信速度10Gbpsの「フレッツ 光クロス」を4月より提供開始 VR/ARも見据える

業界動向

2020/02/20 17:00

バーチャルツアーで文化財の魅力伝える、京都文化博物館を3Dスキャン

活用事例

2020/02/21 18:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

VRデスクトップ環境構築を目指し8億円以上を調達していた「Envelop VR」閉鎖

米スタートアップ「Envelop VR」は、1月11日サービスを終了させ、公式ホームページを閉鎖しました。

社名と同名のアプリ「Envelop VR」は、VRで作業を行うためのデスクトップ環境の構築を行うためのアプリです。2015年には200万ドルの資金調達を、2016年には550万ドルの資金調達を行い、その総額は750万ドル以上に達していました。

2016年7月からクローズドβテスト行っていた矢先の閉鎖でした。閉鎖後のサイトには連絡先のメールアドレスのみが掲載されています。閉鎖の理由は不明です。

VRにおけるユーザーインタフェースは現在複数のアプリが登場しています。『Big Screen』、『Virtual Desktop』といったアプリが『Envelop VR』以上に有名です。また、マイクロソフトはHoloLens等に搭載されているユーザーインターフェース「Windows Holographic」のVRへの展開を明らかにしています。『Envelop VR』は競争に負けたという推測が可能です。

VR関連のスタートアップでは、2016年11月に360度動画配信サービス「VRIDEO」が閉鎖しています。

※記事公開当初は累計資金調達額を「10億円以上」としておりましたが、集計に誤りがあり、正確には公表情報では「750万ドル」が累計であるため、本記事のタイトル及び本文を修正しております。

(参考)

http://uploadvr.com/envelop-vr-closed-virtual-reality-productivity-app-shuts-permanently/


【スポンサードポスト】
・3Dデータを手軽にVRへ。自動車や住宅などで導入進む「MeshroomVR」
・【特別企画】2Dお絵描き感覚で3Dキャラが作れる「VRoid Studio」講座、第一回を無料掲載!

【HTC Vive新作】両手を動物の前足のように使うアドベンチャーやデートシミュレーター、VRヨットなど3作品

2017/01/14 11:20 ゲーム・アプリ

学生発、音楽にノって世界を歩くVRゲーム『WalkPlay』クラウドファンディング中

2017/01/14 11:20 ゲーム・アプリ
新規CTA

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集