デイリーランキング

VR触覚デバイスのexiiiが解散……製造業向け狙うも「牽引力足りず」

業界動向

2020/10/29 18:00

シンガポール発の新VRデバイス「DecaGear」多機能・高解像度で低価格、しかし疑問視する声も

業界動向

2020/10/27 12:01

JVCケンウッドが「現実も見れる新型HMD」を開発中、シミュレーション関連に照準

業界動向

2020/10/29 12:10

サムスンとスタンフォード大、最大10,000ppiの超高解像度有機ELディスプレイ開発

テック

2020/10/28 19:30

ガラス大手のコーニングが提携、次世代ARデバイスに向け一歩

業界動向

2020/10/28 18:30

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

ディヴァースが500 Starups Japan、コロプラVRファンド、川田尚吾氏などから103万ドルを調達。建築分野へVRを使ったソリューションを提供

VR制作ソフトウェア「SYMMETRY(シンメトリー)」を開発するDVERSE Inc.(以下、ディヴァース。本社米国デラウェア州)は、Convertible Note(日本における転換社債型新株予約権付社債に相当)による103.9万ドル(約1.1億円)の資金調達を実施したことを発表しました。

ディヴァース

Convertible Noteは、特にシリコンバレーのスタートアップへの投資でよく用いられる手法。大まかに言えばスタートアップが成長した際には、投資家が社債を株式に転換できるというものです。

今回のディヴァースへの投資に参加をしたのは、500 Startups Japan、Colopl VR Fund、KLab Venture Partners、アドウェイズ、ウィルグループインキュベートファンド、スローガン、そしてエンジェル投資家の川田尚吾氏(DeNA共同創業者)です。

昨年2015年7月にBonAngels Venture Partners Inc.とViling Venture Partnersから投資を受けて以来、2度目の資金調達となります。

ディヴァース

ディヴァースは、VR空間内で直感的な操作で簡単にVRコンテンツをリアルタイムで制作することができるソフトウェア「SYMMETRY(シンメトリー)」を開発しています。また「SYMMETRY」は、3DCADデータと3DモデルファイルをVR空間内に読み込んで、編集やシミュレーションを行うことなども可能です。

ディヴァース

・「SYMMETRY」のプロモーション動画(※VR Speed Level Designは当時の仮名)

https://www.youtube.com/watch?v=rc6Kmtxvzt0

最初のターゲットは建築や土木分野向けに提供することを目指すとし、今回の調達により開発体制の強化を図っていくと発表しています。今後「SYMMETRY」の活用が、どのような分野にまで広がるのか期待したいところです。

(関連記事)
ディヴァース、VR内で直感的にコンテンツを制作できるツール『VR Designer(仮称)』の機能を紹介するPVを公開

【レポート】VRビジネスはどうなる!?“「VRビジネスのこれから」を語りつくす夜 第一夜”を開催

(参考)
ディヴァース HP
http://dverse.me/

SYMMETRY 公式サイト(英語)
http://symmetryvr.com/


バットマンモデルのGalaxy S7 edgeがauから100台限定発売。黒のGear VRも同梱

2016/06/02 09:00 Gear VR

ニコール・キッドマンと空の旅。アラブの航空会社が制作した360度動画が公開

2016/06/02 09:00 VR動画