デイリーランキング

【体験レポ】Rift Sで体感する、Oculusの徹底的な「使いやすさ」へのこだわり

Oculus Rift

2019/03/21 00:15

Oculusが新VRヘッドセット「Rift S」発表 外部センサー不要、49,800円で今春発売

Oculus Rift

2019/03/21 00:00

【続報】一体型VRヘッドセットOculus Quest、スペックなど新情報公開

Oculus Quest

2019/03/21 00:00

VR/AR標準化「OpenXR」の暫定仕様が公開 Oculus等2019年内対応

業界動向

2019/03/20 11:30

HP、PC向け新型VRヘッドセット「Reverb」発表 片目2K、価格は600ドル

Windows MR

2019/03/20 11:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

ソニーでPSVRの定番ゲームを率いたクリエイター、独立


PlayStation VR向けのゲーム『PlayStation VR Worlds』を手がけたソニーロンドンスタジオのヘッドであるDave Ranyard氏は、VRを中心にした新しいゲーム開発スタジオ「Dream Reality Interactive」を立ち上げました。

Ranyard氏が独立して新スタジオを立ち上げ

Dave Ranyard氏は、2014年のGDCで発表されたソニーのProject Morpheus(PlayStation VRのプロトタイプ名)の顔とも言える人物でした。

Ranyard氏はソニーのロンドンスタジオを率いて、VRゲームの可能性と落とし穴を探求し、世界初のコンソールVRプラットフォームを作ることに挑戦してきました。

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は、2016年10月にPSVRが発売されたあと、ロンドンスタジオの再編を発表しました。

その結果、Ranyard氏を中心にPSVRのローンチタイトル『PlayStation VR Worlds』を担当したチームを率いて、VRゲームに焦点を当てた新しい開発ハウス「Dream Reality Interactive」の立ち上げが決まりました。

VRが「どのように」成功するかを探求

Ranyard氏はこの動きについて、以下のように語ります。

「一連のVRヘッドセットリリースを受け、VRが『成功するかどうか』に対しての疑問はなくなりました。これから大事になるのは『いつ』、そして『どうやって』成功するかです。

私たちの誰も本当に答えは分かっていませんが、ソニーでの素晴らしい17年間を経て、現在の可能性を探るための適切な時期と感じています。独立していくことで、私はすべてのプラットフォームで自由に働くことができます」

Ranyard氏だけでなく、彼とともに『PlayStation VR Worlds』を制作したメンバーもスタジオに参加。スタジオはすでに、既存ゲームタイトルと提携した開発を行うだけでなく、独自の新規タイトル開発にも取り組んでいます。

(参考)
Road to VR / Sony London Studio Head Forms New VR Studio ‘Dream Reality Interactive’(英語)
http://www.roadtovr.com/sony-london-studio-head-forms-new-vr-studio-dream-reality-interactive/

元ルーカスフィルム幹部、VRアトラクション企業のCEOへ

2017/02/14 12:20 ビジネス活用事例

ジャパンディスプレイ、AR等へ使用できる高透過率の透明ディスプレイ発表

2017/02/14 12:20 テック