デイリーランキング

AR/VR・メタバース分野に日本企業が存在感を発揮するには?政投銀がレポートを公開

業界動向

2021/12/02 12:30

遊園地のバンパーカー×VRアトラクション、好調でグローバル展開

業界動向

2021/12/02 12:00

HoloLens 2を活用した印刷機をリモートで保守 日本HPがサービス開始

活用事例

2021/12/03 11:30

屋内ARナビゲーションのDent Reality、約3.8億円の資金調達

投資

2021/12/03 12:00

世界中からメタバース関連の話題をお届け メタバース通信 vol.12

メタバース

2021/12/01 11:44

MoguLive facebook twitter hatena line

XRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

スマホで手軽にモーションキャプチャーできるデバイス「Notch」

Tech Crunchの主催するスタートアップイベントDisruptにて、モーションキャプチャーを開発するNotchが製品に関する発表を行いました。

Notchのモーションキャプチャーデバイスは体に取り付けるセンサーが小さく、またスマートフォンアプリを使ってキャプチャーを行えるといった手軽さを特長としています。価格は半身分で379ドル(約4万円強)。

スマートフォンで簡単にキャプチャー

この発表は、Tech Crunchによるテック系スタートアップのイベントDisrupt Berlin 2017にて行われました。12月4-5日にかけて開催されたステージにて、モーションキャプチャーを開発するNotchは同社の製品版となる「Notch 6-sensor Kit」についての発表を行いました。

一つのセンサーは10グラム以下の重さ・10ミリ以下の薄さで、ベルトで腕や胸に固定します。製品一つに6つのセンサーが含まれ、1キットで半身分、2キットで全身分となります。

これらのセンサーを体に取り付けることで、3次元的に正確なモーションキャプチャーが可能となります。

https://www.youtube.com/watch?v=1KzKn72CXbw

キャプチャーを行うには専用のスマートフォンアプリを用います。屋外でも簡単に利用できるため、ゴルフやダンス、水泳など様々なアクティビティに適し、個人での利用が手軽であることが特長です。

製品版は2017年2月から販売を開始しており、開発版を含め現在までに一万台以上を販売しています。

水中でも使用可能

センサーはBluetoothで通信を行い、バッテリーは6時間ほど連続使用できます。耐水・防水に優れ水中でも使用できるため、水泳などのキャプチャーにも利用できます。

同社は現在プロゴルフのインストラクションやプロゴルファーの3Dレコーディングなどを行っており、アスリートがプレイバックするための録画などでも使用されています。

NotchのOzsvald氏は、「Notchはスマートフォンで利用できる初のモーションキャプチャー製品で、消費者向けのAndroid/iOS SDKを提供する唯一のモーションキャプチャープラットフォームです」と述べています。

Notch 6-sensor Kit」は、半身分の6センサーセットが379ドルで販売中です。

https://www.youtube.com/watch?v=_D3teoFb0ls

(参考)
Notch can record your body movements / Tech Crunch(英語)
https://techcrunch.com/2017/12/04/notch-can-record-your-body-movements/


【注目の記事】
新しい技術であることを言い訳にしない 集英社と共同でXR組織を立ち上げた「THINK AND SENSE」インタビュー

【注目の記事】
新しい技術であることを言い訳にしない 集英社と共同でXR組織を立ち上げた「THINK AND SENSE」インタビュー

VRデバイスでARも可能になる「ZED Mini」約5万円で発売

2017/12/06 12:00 テック

ASUS、Android向け360度カメラを12月発売 価格は約1万4千円

2017/12/06 12:00 テック