デイリーランキング

KDDI、新型コロナで中止のイベントをバーチャル開催へ 社長も登壇

業界動向

2020/02/19 16:09

2019年、VRは大きな転換点を迎えた

業界動向

2020/02/17 11:30

「Google Chrome」のAR対応が強化、API拡張へ

開発

2020/02/18 18:33

世界最大級のXRカンファレンスAWE、5月27日からカリフォルニアで開催

セミナー・カンファ

2020/02/19 11:30

近畿経済産業局、ビジネス向けVR/AR/MRの手引き・事例集を公表

業界動向

2020/02/18 19:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

ARデバイス企業のDAQRI、資産をオークションに

2019年9月に閉鎖を発表したARデバイス企業のDAQRIが、資産をオークションに出すことが分かりました。クロージングの最終段階に入ったことがうかがわれます。

企業向けデバイス開発、5億ドル超の資金調達も

DAQRIはエンタープライズ向けデバイス「DAQRI Smart Glasses」を開発。2017年後半に約5,000ドルで発売され、生産現場や野外での活動、メンテナンスや修理、建築など幅広いユースケースに対応してきました。また様々なデータをAR表示可能なバイザー型ディスプレイを搭載したヘルメット「DAQRI Smart Helmet」を開発した他、資金調達も累計で5億ドルを超えていました。

しかし2019年9月に閉鎖を発表し、従業員の解雇や本社のクローズを行ってきました。

幅広い特許資産が対象に

今回オークションの対象となるのは、175以上の特許資産です。ディスプレイ技術、コンテンツ作成、ウェアラブル機器やコントローラーのデザイン、コンピュータービジョン、アイトラッキング等々、その内容は広範に及びます。また65カ国で登録された、175以上の商標やドメイン名も含まれます。

オークションを取り仕切るRock Creek AdvisorsのJim Gansman氏は、「この資産ポートフォリオを手にする買い手は、AR業界のトップに立つ可能性があります」と、資産の価値を強調しました。

購入のオファーは2020年3月31日まで受付、全資産及び一部資産いずれもが対象ということです。

(参考)Next Reality


【スポンサードポスト】
・3Dデータを手軽にVRへ。自動車や住宅などで導入進む「MeshroomVR」
・【特別企画】2Dお絵描き感覚で3Dキャラが作れる「VRoid Studio」講座、第一回を無料掲載!

より安価で小型に。SteamVR向けの新型HDKが予約受付開始

2020/02/13 11:45 開発

ニコ生主「でびっち」復活?Twitterや配信を開始

2020/02/13 11:45 VTuber 最新ニュース一覧
新規CTA

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集