Home » 独自動車大手のBMW、バーチャルワールド「JOYTOPIA」を発表。音楽イベントも開催


メタバース 2021.09.06

独自動車大手のBMW、バーチャルワールド「JOYTOPIA」を発表。音楽イベントも開催

ドイツの自動車メーカーBMWは、バーチャルワールド「JOYTOPIA」を発表しました。2021年9月5日には、イギリスの音楽バンドであるコールドプレイが「JOYTOPIA」でバーチャルライブを行っています。

発表によれば、「JOYTOPIA」では、ユーザーは“前例のない(unprecedented)体験を楽しめるとのこと。Coldplayのイベントの場合は、アバターで参加し、ダンスを行ったり、ステージに近づいてバンドの演奏を好きな場所から鑑賞できるそうです。

「JOYTOPIA」は、BMWとメタバース関連企業Journeeが共同で開発しました。こちらにアクセスすることで利用可能。ハンドルネームやメールアドレスの登録、アプリのインストールなどは必要ありません。プラットフォーム自体はスマートフォンからの利用に最適化されています。

「JOYTOPIA」にはBMWが重要と考えているテーマが盛り込まれた、3つのワールド(Re:THINK/Re:IMAGINE/ Re:BIRTH)が存在。ユーザーはそれらの世界をアバター(外観変更可能)で探索することができます。他ユーザーとの交流も可能。詳細は不明ながら”自身のスペース”を作成することも可能な模様です。

「JOYTOPIA」にアクセスすると、ユーザーは“バーチャル狐”のガイドを受けられます。同キャラクターのボイスは、アカデミー賞の受賞経験もある、俳優のクリストフ・ヴァルツが担当しているとのことです。

(参考)BMW


VR/AR/VTuber専門メディア「Mogura」が今注目するキーワード