デイリーランキング

米陸軍の最大2兆円規模「HoloLens 2」導入が延期、2022年9月予定へ

業界動向

2021/10/21 19:30

パソナグループとAVITA、協業でアバター人材雇用創出プロジェクトを開始

業界動向

2021/10/26 19:00

「第一回全国VRコンテスト TOUCH JAPAN」が開催。「日本」を世界に発信する360度動画を募集

業界動向

2021/10/27 11:30

HPの「Reverb G2」改良版が発表。トラッキング性能やAMD製GPUとの互換性改良へ

業界動向

2021/10/25 11:30

フェイスブック、XR分野への投資は2021年単体で1兆円以上 翌年以降さらに加速へ

業界動向

2021/10/26 14:24

MoguLive facebook twitter hatena line

XRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

英BlipparがWebAR向けの新SDKを公開、ベータ版は無償利用可

英国でARを手掛けるBlipparは、WebAR向けのSDKをリリースしました。ブラウザ上のみならず、FacebookやTikTokなど、プラットフォームをまたいでARコンテンツを展開できる点が特長です。

ARコンテンツ開発企業が提供、高い精度謳う

Blipparは2011年の創業で、当初はスマートフォン向けの画像検索アプリや、ARを使った位置情報特定システム(VPS)、一般向けのARナビアプリ等を開発・提供していました。しかし2018年12月に破産し、2020年以降は企業やブランド向けのソリューション・ARコンテンツ制作に転向。2021年3月には500万ドル(約5.6億円)を調達し復活しています。

今回発表したSDKは、SLAM技術の最も先端的な導入を謳います。Blipparによれば「オブジェクト固定時のトラッキング精度は99%、角度の精度は誤差1%を誇る」とのこと。

これまでにも同社は、WebAR制作プラットフォーム 「BlippBuilder」を提供しています。こちらはノンコーディングでブラウザベースのARコンテンツの制作・リリースが可能なもので、企業広告などに広く採用されてきました。新SDKはWebブラウザに加え、Facebook、TikTok、WeChat、WhatsApp等でもARを展開可能です。また現在はベータ版のため、利用は完全に無料となっています。

WebARプラットフォーム事例

WebARのプラットフォームとしては、米国の8th wall、国内ではpalanなどが知られています。

ARプラットフォームの8th Wall、開発企業向けパートナープログラムを開始 エコシステム強化狙う | Mogura VR

ARプラットフォームの8th Wall、開発企業向けパートナープログラムを開始 エコシステム強化狙う | Mogura VR

MoguraVR

ノーコードでWebARが作れる国産サービス「palanAR」、位置情報を使ったAR機能が追加 | Mogura VR

ノーコードでWebARが作れる国産サービス「palanAR」、位置情報を使ったAR機能が追加 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)Auganix


「TUBEOUT! SESSIONS vol.4」男性VTuber11名出演、ばあちゃる サプライズボックスが開始【VTuberデイリーニュース 10/11号】

2021/10/12 11:33 VTuber 最新ニュース一覧

3DアバターのFacemoji、Twitter等から約3億円を調達

2021/10/12 11:33 投資