デイリーランキング

OculusがVRの標準仕様「OpenXR」へ正式対応、独自SDKのサポートは2022年8月末で終了へ

開発

2021/07/29 18:30

東京都が「デジタルツイン」プロジェクトサイト開設、ブラウザから使える3Dビューア機能も

業界動向

2021/07/30 19:30

VRやARを日常に。体験シーンのUXを考えるデザインラボ「UxR Lab」開設

業界動向

2021/07/30 19:00

最近話題の「メタバース」ってなに? 言葉の意味から業界動向まで解説

テック

2021/07/07 15:00

PFNが指先の向きまで認識できる3D姿勢推定技術を開発、協業先を募集

テック

2021/07/30 11:30

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

PCとPS4で体験できるオンラインVR遊園地『Atom Universe』、Kickstarterで支援募集中

製品版のVRヘッドマウントディスプレイを見据えたコンテンツの開発が増えている中で、また1つコンテンツ開発のKickstarterのキャンペーンが進行中です。今回紹介するのは、PCとPS4向けVR遊園地『Atom Universe』です。

『Atom Universe』は、VR空間に遊園地を再現したオンラインゲームで、友達と交流したり、アトラクションを遊ぶことができます。対応機種はPC向けOculus Riftに加え、PS4向けProject Morpheusを予定しています。これまで、Project Morpheusへの対応を謳っているソフトはほとんどありませんでした。

image00

遊園地のセンター広場。プレイヤーのアバターが集まる場所になるようだ。

image01

ミニカート。タイムアタック制でコースが複数用意される

image02シューティング。ホログラムが綺麗な射的のようなミニゲームだろうか。

リリース直後は上記2つにモータースタントというバギーに乗るアトラクションを加えた3つのアトラクションのみとなりますが、2ヶ月おきにアップデートを繰り返してアトラクションを増やしていく予定です。コントローラーの操作ではなく、身体を動かすものや、他のプレイヤーと協力するものなど様々なアトラクションが増える予定とのこと。本物の遊園地では実現できないようなVRならではのアトラクションも実装できるのではないかと期待できます。

image03各アトラクションには、特徴に応じてマークが表示される。左から、座ってプレイするもの、身体の動きをキャプチャーするもの、他のプレイヤーと協力するもの、乗り物に乗るもの

他の開発者がアバターの服などのアイテム類を作ることを可能にするだけでなく、遊んでいるユーザー自身がアトラクションそのものを作ることができるような機能の準備も進めています。

開発はゲームエンジン、Unreal Engine 4を使って行われます。6人から成る開発チームは、PlayStationHomeの開発にも携わったTanguy Dewavrinを始め、ゲーム業界で経験を積んできたメンバーとのこと。

リリースの際は、基本無料制。アトラクションを遊ぶためにゲーム内通貨ATOMZを購入する課金型を予定しています。Kickstarterのキャンペーンは4月16日まで。目標金額は2万ポンド(約360万円)です。

Written by 久保田瞬(すんくぼ)

(参考)
Atom Universe: a virtual reality Theme Park on PC and PS4 - Kickstarter(英語)
https://www.kickstarter.com/projects/882445008/atom-universe-a-virtual-reality-theme-park-on-pc-a


【Mogura主催のイベント】
・XR企業40社が集結!最新動向がわかる展示会「VR EXPO 2021 TOKYO」限定チケット販売中

【Mogura主催のイベント】
・XR企業40社以上が集結!最新動向がわかる展示会「VR EXPO 2021 TOKYO」限定チケット販売中

ビョーク、新曲『Stonemilker』のVRミュージックビデオを制作

2015/03/23 19:00 テック

コールオブデューティの開発者ら、独立してVR向けのマルチプレイFPS『World War Toons』を開発中

2015/03/23 19:00 テック