デイリーランキング

N高がVR入学式を開催、新入生も登壇者もバーチャルに

業界動向

2019/03/23 12:00

PCと一体型VRヘッドセットをワイヤレス接続 クァルコムも技術開発

テック

2019/03/22 11:30

【体験レポ】Rift Sで体感する、Oculusの徹底的な「使いやすさ」へのこだわり

Oculus Rift

2019/03/21 00:15

Oculusが新VRヘッドセット「Rift S」発表 外部センサー不要、49,800円で今春発売

Oculus Rift

2019/03/21 00:00

【続報】一体型VRヘッドセットOculus Quest、スペックなど新情報公開

Oculus Quest

2019/03/21 00:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

ARコンテンツを最大20人に同時共有 スマートグラスを用いたサービスが開始

スマートグラスを用いてARコンテンツを複数人で共有できる体験型コンテンツ配信サービス「PORECT(ポレクト)」が2017年9月15日より販売開始します。本サービスは、最大20台まで同時にARコンテンツを共有でき、360度カメラ「RICOH THETA」で撮影した写真や動画はそのまま共有することも可能です。

本サービスは、株式会社クレステックと株式会社システム・サイエンスが共同開発を行い、エプソン製のスマートグラス「MOVERIO」を使用して体験するものとなっています。

PORECTは、Android搭載のタブレット1台を使うことで、最大20台までのスマートグラス上のコンテンツの再生・停止を管理可能です。主に観光ガイドや伝統芸能での観劇、工場見学ツアーなどで使用が想定されています。ガイドによる音声案内にスマートグラスの映像コンテンツを付加することで、より分かりやすい解説が行えます。

また、360度カメラ「RICOH THETA」を用いることで、誰でも簡単にARコンテンツの作成が可能です。同カメラで撮影した写真や動画であれば、利用者が向いている方向の映像がスマートグラスに表示され、まるでその場にいるような疑似体験ができます。本パッケージには、PORECTのコンテンツを作成するマニュアルキットが同梱されています。

PORECTの販売価格は、1台のタブレットと3台までのスマートグラスで使用できる3ライセンスパック(定価38万円)をはじめ、5ライセンス、10ライセンス、15ライセンスをパッケージとしています。16ライセンス以上からは追加ライセンスとして別途対応とのことです。なお、すべてのライセンスパックにはソフトウェアのインストールサービスとマニュアルキットが含まれています。

パッケージの概要

・一斉配信システム(送信アプリ・受信アプリ)
<マニュアルキット>
・オペレーションマニュアル(冊子)
・かんたん動画作成ガイド(冊子)
・サンプルデータ集(CD-ROM)

動作要件

対応スマートグラス

エプソン製 MOVERIO BT-300/350

対応タブレット

Android 5.1搭載、1,280×800ピクセル、メモリ 2GB以上

必要ハードウェア

ネットワーク分離機能を有するモバイルルーター

必要ソフトウェア

マイクロソフト パワーポイント 2013/2016

(参考)
CRESTEC ニュース
http://www.crestec.co.jp/news/?p=729

大手出版社がVRに取り組む理由とは?「小学館VRフェスタ」で人気ゲームやコンテンツを体験

2017/09/15 12:30 ビジネス活用事例

VR開発企業「モノビット」が神戸市へ移転 市の補助制度を活用

2017/09/15 12:30 ビジネス活用事例