デイリーランキング

「Oculus Quest 2」製品版先行レビュー。性能とコスパからFacebookの本気を感じろ!

テック

2020/09/17 02:33

フェイスブックが「Oculus Quest 2」発表、33,800円からで10月13日発売

業界動向

2020/09/17 02:30

どこでも一瞬で仕事場に。フェイスブックがVRオフィス「Infinite Office」発表、今冬より実装へ

業界動向

2020/09/18 12:00

Quest 2、ARグラスなど新情報続々 Facebook Connect の主な発表まとめ

業界動向

2020/09/18 13:10

8年ぶりの新型Leap Motion VR/ARデバイスに組み込めるモジュール発売

テック

2020/09/21 11:30

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

アップルが“バーチャル音響システム”で特許取得、音を活用したVR/ARにも?

アップルが2018年に出願した特許が、米国特許商標庁より公開されました。本特許は“バーチャル音響システム”を強調しており、従来のスピーカーよりもリアルな音響効果を実現するとのこと。「音のVR/AR」にも繋がる可能性がありそうです。

”現実に存在する”音を生成

特許のタイトルは「バーチャルな音源を、クロストーク・キャンセラー(混線除去装置)により視聴者から遠ざけるシステム」。最低3つという複数の音響シグナルを処理する音響処理システムで、MacBook ProといったPCでの利用を想定している模様です。

一般的な左右2つのスピーカーと比較すると、3つのルートからの音響シグナルを処理することで、よりリアルな音響を実現できます。音がスピーカーから聞こえてくるのではなく、「実際に存在する」という感覚を体験可能ということです。ゲームやスポーツ観戦、動画視聴の際、まるでその場にいるかのような臨場感を味わえます。

またクロストーク・キャンセラーを用いることで、PCに付属する左右のスピーカーであってもより立体感のある音響が生まれます。すなわち、右の耳には右のスピーカーの音だけ、左の耳には左のスピーカーの音だけが聞こえるように調整。これにより、左右それぞれの音が特定の”場所”から聞こえる効果があります。

こうして作り上げたバーチャルサウンドは、左右スピーカー間の任意の場所から発生しているようにアレンジ可能です。

「音のVR/AR」に活用?

ゴーグルをかけて目の前にないものをあるように見せる視覚のVR/ARに対して、3Dサウンドや立体音響により、まるで現実に音源があるかのような感覚を実現する「音のVR/AR」というジャンルがあります。音響シグナルの処理でバーチャルな音源を作り出すアップルの技術内容は、この「音のVR/AR」に繋がるかもしれません。

「音のVR/AR」についてはこちらの記事から。

エイベックス子会社や電通ライブ、"音のAR"事業で連携 | Mogura VR

エイベックス子会社や電通ライブ、"音のAR"事業で連携 | Mogura VR

MoguraVR

auがつくる「音のVR」、アンジュルム・和田彩花と川村文乃が語るその魅力 | Mogura VR

auがつくる「音のVR」、アンジュルム・和田彩花と川村文乃が語るその魅力 | Mogura VR

MoguraVR

ゼンハイザー、Magic Leap One向けイヤホン発表 現実とバーチャルの音を融合 | Mogura VR

ゼンハイザー、Magic Leap One向けイヤホン発表 現実とバーチャルの音を融合 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)Patently Apple


【Mogura主催のイベント】
・綿100%でフィット感アップ! VALVE INDEX用ヘッドストラップカバー販売中 汗や整髪料対策に

【ドラゴンクエストウォーク】週末メタルダンジョン、今週も開催中!

2020/01/06 11:30 ゲーム・アプリ

“ガラスの応接室”VRで再現、米ガラス美術館で特別展示

2020/01/06 11:30 活用事例