デイリーランキング

NTT東西、通信速度10Gbpsの「フレッツ 光クロス」を4月より提供開始 VR/ARも見据える

業界動向

2020/02/20 17:00

スマホ1台で収録や配信 法人が使えるVTuberアプリが提供開始

業界動向

2020/02/21 15:40

ソニーとOculus、GDCへの出展をとりやめ コロナウイルスへの懸念で

セミナー・カンファ

2020/02/21 08:39

KDDI、新型コロナで中止のイベントをバーチャル開催へ 社長も登壇

業界動向

2020/02/19 16:09

Magic Leap社が東京勤務の求人を募集中 国内オフィス開設か

業界動向

2020/02/20 19:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

アクセンチュア、イベント会場選定用XRツール提供 メガネ型MRデバイスにも

コンサルティングファームのアクセンチュアは、モバイルARやVRヘッドセットを使った会場選定ツール「XR Event Planner」を提供します。イベント会場を決める際、移動や打合せの手間を削減し、利益を創出するというものです。

アクセンチュアによると、米国の会議・イベント分野は3,300億ドル(約36兆円)の市場規模。しかし中心となる「会場選定」のプロセスにはコストも時間も要します。イベントプランナーは複数の会場を訪問し、顧客と打ち合わせ。最大で6ヶ月間かかるとも言います。

https://www.youtube.com/watch?v=EVnlAtoYJ0A

作業効率上昇、利益8%アップ

この問題を、XR(VR/AR/MR)で解決するのが「XR Event Planner」です。ツールでは、スマホAR、ARグラスやVRヘッドセットを通じて会場の様子を確認。空間を自由に歩き回り、テーブルセットや照明等、希望するカスタマイズを加えることもできます。

作業の利便性だけでなく、収益面にも効果は現れます。「XR Event Planner」を使えば、会場訪問の旅費や、打合せ時間を削減できます。マーケット調査と分析によれば、ホテル等の会場側は利益を8%押し上げることが可能、かつ会場の稼働率を上げ、予約コストを抑制する見込みということです。

VIVE Focus PlusやNrealLightに対応

アクセンチュアはこのソリューションを、大手通信会社のQualcomm(クアルコム)や、インターコンチネンタル・ロサンゼルスらと提携して開発しました。対応するデバイスは、HTCの一体型VRヘッドセット「VIVE Focus Plus」、Nreal社のMRグラス「NrealLight」が挙げられています。

またアクセンチュアは、顧客がより個別最適なサービスを求める時代において、XR活用のメリットを強調しています――すなわち、競合との差別化を図り、顧客のロイヤリティを高める効果です。

(参考)アクセンチュア


【スポンサードポスト】
・3Dデータを手軽にVRへ。自動車や住宅などで導入進む「MeshroomVR」
・【特別企画】2Dお絵描き感覚で3Dキャラが作れる「VRoid Studio」講座、第一回を無料掲載!

【PSVR】PS Plus限定で「Firewall Zero Hour」フリープレイ可能に

2020/01/30 19:30 ゲーム・アプリ

「ポップカルチャー祭り2020」MCとして大蔦エルとキミノミヤが出演

2020/01/30 19:30 VTuber 最新ニュース一覧
新規CTA

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集