DELLとASUSも マイクロソフトのMR(VR)ヘッドセットが続々登場


台北で開催中のComputex2017において、マイクロソフトは同社が今年後半に展開するMR(Mixed Reality、複合現実)ヘッドセットのうち、新たにDELLとASUSによるモデルを発表しました。

(写真:The Verge)

マイクロソフトが推し進める“没入型MR”

マイクロソフトはすでに2016年末に、2017年中にPCに接続する、没入型MRヘッドセットの発売を発表していました。このMRヘッドセットは、MRという名前こそ冠していますが、マイクロソフトが展開するシースルー型のMRデバイスHoloLensとは異なり、VRヘッドセットとなります。バーチャルな世界に没入し、アプリやゲーム、360度動画などを体験できるものです。

2016年末の時点では、Lenovo、Acer、DELL、ASUS、HP、3Glassesといった6社のメーカーとの提携が明らかになっており、各社のMRヘッドセットのデザインが徐々に公開されています。価格は299ドルから、とされており、安価にハイエンドなVR体験ができるようになると期待が集まっています。

今回のComputexではDELLとASUSのMRヘッドセットのデザインが公開されました。


DELLのMRヘッドセット

DELLのMRヘッドセットは同社のノートPC、XPSシリーズやAlienware PCを手がけたチームがデザインしており、快適性を重視しているとのこと。ヘッドセットをはずさずにゴーグル部分を上に跳ね上げる「フリップアップ」の仕組みが採用されています。


ASUSのMRヘッドセット

近未来的なASUSのMRヘッドセットは3Dデザインのカバーパネルを搭載。マイクロソフトの公式ブログによると、手に持つ“非常に軽い”モーションコントローラーも開発を進めているようです。

公開されたのはデザインのみ

AcerとHPのMRのヘッドセットに関してはすでに5月に性能と価格が公開されています。DELLとASUSのMRヘッドセットは今回はデザインのみの公開となりました。

各社とも大きく異なるスペックになるとは考えにくいですが、スペックに関しては続報待ちとなります。

なお、このMRヘッドセットに関して各社に共通して明らかになっているポイントは以下の通りです。

・ヘッドセットに内蔵したカメラにより、外部センサー不要で現実空間を認識し位置のトラッキングを行うことが可能。ユーザーはOculus RiftやHTC Viveのように動き回ることができる(インサイド・アウト方式のトラッキング)

・PCに接続して使用。その要求スペックは、インテルHDグラフィックスでも駆動するレベルになると言われており、ハイエンドなGPUを必要としない

・操作はXbox Oneコントローラーに対応。Acerよりモーションコントローラーが発売され、手を自由に動かすことが可能になる。他メーカー製のMRヘッドセットでも互換性あり

・Windows 10で使用。UIなどはマイクロソフトが展開を進める「Windows Mixed Reality」プラットフォームで、HoloLensとも共通のUIを採用

AcerのMRヘッドセット(左)とHPのMRヘッドセット(右)

<

LenovoのMRヘッドセット(左)と3GlassesのMRヘッドセット(右)

今回の発表で、まだ確定していないものもあるとのことですが6機種のデザインがほぼ出揃いました。Acer製のMRヘッドセットの開発者版に関しては、既に日本でも予約が行われており、5月31日で一度予約が停止しています。

今後、スペック、販売時期、価格などの続報に期待したいところです。

(参考)
Road to VR
http://www.roadtovr.com/microsoft-reveals-asus-mixed-reality-headset-new-design-dell/
Microsoft
https://blogs.windows.com/windowsexperience/2017/05/31/microsoft-shows-partner-innovation-always-connected-pcs-mr-iot-computex-2017/#qZDKQe2eQrfCrkYK.97

この記事を書いた人

  • 慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ