デイリーランキング

ソニーがUE4や「Fortnite」のEpic Gamesへ2.5億ドルを出資。その背景と影響は?

投資

2020/07/10 19:00

バンダイナムコが見せたキャラクターライブ技術「BanaCAST」とその裏側、能登有沙さんの実演も【CEDEC2018】

開発

2018/09/06 11:41

VRで溶接業務トレーニング、習得スピード向上 神戸製鋼ら

活用事例

2020/07/08 18:30

ビジネス向けVR/AR/MR展示会「VR EXPO 2020 夏」7月30日にオンライン開催

業界動向

2020/07/09 19:00

キリンビバレッジとJAL、「自宅から行ける社会科見学」 1万人以上が参加

活用事例

2020/07/10 19:30

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

6万円からのジャケット型触覚デバイス「Ryg」Kickstarterで目標の3倍突破

VRの中で触覚フィードバックを感じられるベスト型のデバイス「Ryg」が、クラウドファンディングKickstarterで資金調達を行っています。開始からわずか3時間で目標金額の5万ドルを集め、3日後の10月1日現在では16万ドル弱と、目標の3倍以上の金額に届いています。

プロトタイプは過去にTGSでも展示

「Ryg」は、触覚デバイスを手がけるWoojer社が開発した製品です。同社はこれまでにも、ジャケット型の触覚デバイスを東京ゲームショウ2016等で発表してきました。今回の「Ryg」は同社オリジナルの発振アクチュエータOsciを搭載。Woojerによれば、「過去の製品に比較して3倍パワフル」だと言います。

https://www.youtube.com/watch?v=8Y4LQlaToXw
(初期のプロトタイプデモの様子)

8つのアクチュエータで正確なフィードバック

振動モーターを使用していたこれまでの製品と比較し、Rygの特徴は8つのアクチュエータをベストに内蔵している点です。これにより、「静かで、(コンテンツと)調和して、力強い触覚」を再現しています。アクチュエータは、UnityやUnrealといったゲームエンジンで調節することも可能です。VRの中で銃撃や雨の滴といった感触を感じる事ができます。

https://www.youtube.com/watch?v=lLMNVQOCDS0

また1度の充電で連続して8時間まで使用可能というバッテリー寿命もポイントです。オプション部品を使えばバックパックPCと合わせて装着することも出来るため、施設でVRを体験する際にも活躍しそうです。

Kickstarterの出資額は早割で550ドル(約6万円)から。出荷先は日本を含む14カ国が対象です。出荷開始は今年11月を予定しています。
こちらのページで10月27日まで受付しています。

スーツ型の触覚デバイスに関しては、直近ではHardlight VRがクラウドファンディングには成功したものの資金難で事業を閉鎖したばかりです。「Ryg」が製品化を果たせるのか、注目したいところです。

(参考)Road to VRKickstarter
Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。


VRデバイス「Mirage Solo」ビジネス向け販売開始、税別53,200円

2018/10/01 19:30 Mirage Solo

宇宙系VTuber「奏天まひろ」「銀河アリス」がコラボ 全6回で描かれる“未知との遭遇”

2018/10/01 19:30 VTuber 最新ニュース一覧