Home » KDDIとジェノバが高精度位置測位サービス 「VRS-RTK」開始。リアルタイムでドローンやスマホと連携可能


業界動向 2022.08.29

KDDIとジェノバが高精度位置測位サービス 「VRS-RTK」開始。リアルタイムでドローンやスマホと連携可能

8月29日、KDDI株式会社株式会社ジェノバと連携し、高精度位置測位サービス(VRS-RTK)の提供を開始しました。本サービスを利用することで、誤差数センチメートルのリアルタイムの位置測位が可能です。建設業や農業、自動運転、防災、防犯、災害復旧、インフラ点検など、様々な業種への活用が見込まれます。

KYOTO CG ART CONTEST
KYOTO CG ART CONTEST

補正データを配信して、高精度な位置情報提供を実現

現在、屋外の位置測位で一般的に使用されているのはGNSS(Global Navigation Satellite System) であり、人工衛星を利用した全世界測位システムです。GNSS単独での測位は精度が低く、様々な機器の遠隔操作や自動制御、測量などで求められる水準を満たすことが困難とされています。

今回KDDIが発表した「高精度位置測位サービス(VRS-RTK)」は、高精度測位のための補正データをインターネットを通して配信するサービスです。この配信された補正データと、前述のGNSS観測データを利用者の受信端末上で組み合わせ、誤差数センチメートルの高精度の位置情報を利用者に提供します。

また本サービスでは、VRS(Virtual Reference Station)方式を採用。VRS方式では、「仮想の基準局」を利用者付近に想定できます。そのため、実際の基準局が利用者の近くに存在しなくても、仮想基準局を利用した高精度測位が可能となります。

ドローンを使った測量やバス運賃のキャッシュレス化に利用

「高精度位置測位サービス(VRS-RTK)」を利用すると、専門的な人材や高価な機器を用いることなく、スマートフォンやドローンによる測量が可能です。またバスなどの交通機関利用者の乗降位置の特定もリアルタイムで行えるため、運賃支払いのキャッシュレス化を交通系ICカードに比べて安価に実施できます。

対応デバイスやサービスは順次拡大予定

2022年8月29日時点での対応デバイスは以下の通り。今後、対応デバイス・サービスは順次拡大予定です。

【スマートフォン連携】
・「viDoc RTK rover」「PIX4Dcatch」Pix4D株式会社
・​「スマホ3次元測量アプリOPTiM Geo Scan」株式会社オプティム(​※予定)
・「Leica Zeno Connect、VGIS AR」「Leica Zeno FLX100」ライカジオシステムズ株式会社(※予定

【ドローン連携】
・「スマートドローンツールズ」KDDIスマートドローン株式会社

また法人向け提供料金などの詳細、および問い合わせは、下記の電話番号で受け付けています。

フリーコール:0077-7007(無料)
フリーコール:0120-921-919 (無料)
※受付時間は9:00~18:00(土・日・祝日・年末年始を除く)

(参考)KDDI株式会社プレスリリース


VR/AR/VTuber専門メディア「Mogura」が今注目するキーワード