デイリーランキング

メディア工房、実写立体動画の撮影システムを発表 点群を使い動きを再現

テック

2019/07/19 11:00

VR内で設計・デザインできる「The Wild」Oculus Quest版がリリース、マルチユーザーにも対応

活用事例

2019/07/19 12:00

未来の乗り物をVRで体験 イーロン・マスクの次世代交通システム「ハイパーループ」

シミュレーション・接客

2019/07/19 11:45

マイクロソフトの「Remix 3D」終了へ

業界動向

2019/07/19 12:30

Unity公式カンファ「Unite Tokyo 2019」講演情報が一部公開、医療×VR活用事例やVRアニメ制作ツールなど

セミナー・カンファレンス

2019/07/18 19:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

ドワンゴ、VR向けの3Dアバターファイル形式「VRM」提供開始

株式会社ドワンゴは、VRキャラクターをさまざまなアプリで使えるVR向け3Dアバターファイル形式「VRM」の提供を開始しました。提供に伴い、立体投稿共有サービス「ニコニ立体」でも投稿の受付も開始しています。

VRなどにおいて「キャラクター」を取り扱おうとした場合、モデリングツールによって構成や3Dデータの形式が異なるなど、統一した取り扱いが難しいという問題があります。

これらの問題に対し、「VRM」は3Dモデルクリエイターやアプリ側の取り扱いを簡単にするために制作されました。3Dアバター対応の各アプリにおいて、同じバーチャルキャラクターを使用できる「プラットフォーム非依存の3Dファイルフォーマット」です。

「VRM」は、ドワンゴの提供するリアルタイムでコミュニケーションができるVRサービス「バーチャルキャスト」の内部フォーマットとして採用されています。

ドワンゴは、「VRM」を生放送や動画、ゲーム、リアルイベントなどプラットフォームを超えた自由なコラボレーション実現の一助となることを目指すとしています。

さらに「VRM」はUnity向けの「VRMファイル」の読み書きを行う標準実装がオープンソースで公開されており、誰でも自由に使うことができます。


(VRMの可能性とねらいについて語る、ドワンゴ・岩城氏)

「VRM」について、ドワンゴのエンジニアである岩城氏は「今まで分断されていたVRの世界をつなぐためのしくみ」と述べました。

また、VRMでは「モデルデータ自体に対して改変・再配布規定」や「モデルデータを使用して『人格を演じる』ことについての許諾規定」をファイル設定ができるなど、データの第三者利用やアバターとしての使用に関する細やかな設計がされています。

「VRM」の開発・提供には、以下の企業が賛同しています。

・株式会社インフィニットループ
・株式会社エクシヴィ(XVI inc.)
・株式会社オーナカ
・株式会社シーエスレポーターズ・Gugenka
・クラスター株式会社
・株式会社Psychic VR Lab
・株式会社ViRD
・株式会社ハシラス





VR内で演奏 ジャミロクワイのあの曲を全て再現した動画が登場

2018/04/16 22:42 VR動画

グリー、「VTuberファンド」開始 投資総額は約40億円

2018/04/16 22:42 VTuber利活用