デイリーランキング

「メタバースは8兆ドルの市場」モルガン・スタンレーが語る

メタバース

2021/11/24 11:30

日本のメタバース・XR業界の動向を海外へ発信、英語圏向けオンラインイベント「XR Kaigi mini」が開催

セミナー

2021/11/26 12:00

世界中からメタバース関連の話題をお届け メタバース通信 vol.11

メタバース

2021/11/25 11:30

「メタバースは今後3年間が重要」など、世界中からメタバース関連の話題をお届け メタバース通信 vol.10

メタバース

2021/11/22 19:00

メタバースに取り組みたい企業向け無料セミナーが開催、12月1日と8日に

セミナー

2021/11/25 12:30

MoguLive facebook twitter hatena line

XRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

VR体験ができるレストラン「VREX」渋谷店が閉店、残る2店舗は継続

VR/ARゲームと飲食が楽しめるレストラン「VR Game&Cafe Bar VREX(ヴィレックス)」は、渋谷宮益坂店が2019年9月29日に閉店することを発表しました。なお、渋谷店の閉店後も、VREX新宿店および広島店は引き続き営業します。

VREXは、株式会社フタバ図書が運営するVR/ARゲームを体験できる施設。カフェ&バーとして飲食も充実しているのも特徴で、列で待つことなく自分の席で飲食を楽しみながら遊べます。遊べるコンテンツは、一緒に体験するメンバーとコミュニケーションを取りながら協力できるマルチプレイゲームがメインとなっています。

VREXは2017年11月に渋谷にて第1号店がオープン、2018年3月に新宿に2号店、同年9月には広島に3号店が開設されています。

VREXのVR体験を通じてコミュニケーションが活性化

今回の閉店の報に際し、VREXの担当者は、「来場者のほとんどがVR体験が初めてという方ばかりで、ヘッドセットを装着されてVR世界に入った際の驚きや興奮が伝わってきました。」「年会や新年会の時期には会社単位での貸切飲み会で利用いただけ、VR体験を通じて社内のコミュニケーションが活性化した、普段は飲み会に参加しない若手が参加してくれた、などという嬉しいお言葉をいただけたことが印象に残っています」と話しました。

運営については「VRの物珍しさから、たくさんのお客様のご来店を期待しておりましたが、最先端のVRが体験できる(&飲食)だけでは引きが弱いと感じました」とコメント。

しかしその一方で、キャラクターを利用した「VRコラボカフェ」の開催には反響があり、「もっと分かりやすく体験できることや、魅力を伝える必要があると感じた」とのこと。

担当者は「VREXでは、複数人数(最大4名)でコミュニケーションを取りながらできるVRを取り揃えています。仲間と家族と、安心して遊べる場所を提供したいと考えています」と今後の思いを語りました。

(参考)VREX公式


【注目の記事】
日本のコンテンツを世界に送り出す「集英社XR」仕掛け人にインタビュー
めちゃ簡単でめちゃたくさん入れる「めちゃバース」の思想とは。開発のハシラスに聞く

ディープラーニング活用で“顔を交換” AR開発企業、約2.3億円調達

2019/09/13 20:00 投資

制作期間4年、ビョークが全編をVRで体験できるアルバムを発売

2019/09/13 20:00 話題