デイリーランキング

世界最大の32インチ3D裸眼立体視ディスプレイ「Looking Glass 8K」発表、DCEXPOで初公開

業界動向

2019/11/13 01:00

【体験レポ・解説】QuestとPCを繋ぐ「Oculus Link」驚くほど違和感なし

Oculus Quest

2019/09/30 11:30

フィンランドのソーシャルVR企業が約4.2億円調達、研修や教育にも

投資

2019/11/15 19:30

Oculus CTOカーマック氏、同社の顧問職へ。一線退くことを明言

業界動向

2019/11/15 12:00

続々登場「AR/MRグラス・スマートグラス」まとめ(2019年10月版)

AR/MR

2019/10/27 19:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

働き手不足や人口流出対策に KDDIらがVRで移住促進

KDDI株式会社らは、VRを用いた移住・定住施策を鹿児島県の出水郡長島町にて実施します。VR体験設備を鹿児島県内に複数常設し、町の空き家バンクに登録された物件や、その周辺情報などを遠隔から内見することができます。

この施策はKDDIと長島町、株式会社川商ハウス、長島未来企画合同会社によるもの。町の空き家の活用と定住促進を目的としており、VRを活用することで移動にかかる労力を大幅に軽減することが期待されています。

長島町は人口流出や働き手不足といった課題を抱えており、2017年9月より川商ハウスと空き家の活用に関する取り組みを開始。2018年12月には、KDDIと地域活性化を目的とした連携に関する協定を締結しています。

現地に行かずに物件を内見

本施策は、移住を検討する利用者が、長島町の空き家物件や周辺情報などのVRコンテンツを遠隔から閲覧できるというもの。設置場所は、長島町役場、川商ハウス鹿児島本店、川商ハウス長島支店の3ヶ所です。VRコンテンツは家族などの複数人で視点を共有することができ、オペレーターとの双方コミュニケーションも可能です。

実施期間は2019年9月20日から2020年3月31日まで。なお、VRコンテンツは今後長島町が実施する移住定住促進イベントでの活用も予定されています。

(参考)KDDI株式会社 プレスリリース



【Sponsored Post】
・ストリートとテクノロジーが出会うとき、何が起こるのか? 表現の最前線を行く「JIKKEN」を見よ
・藤井直敬の「現実を科学する」 第二回:環境とヒト
・目の前に広がる「ポケモンGO」や「Ingress」の世界 話題を集めた体験の舞台裏

VRADV「東京クロノス」20%OFFの増税前セールを実施

2019/09/25 12:05 ゲーム・アプリ

VR映像制作のシータが人材サービス企業と提携、他分野への活用目指す

2019/09/25 12:05 業界動向

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集