デイリーランキング

VRフィットネスマシン「ICAROS」個人向け販売がスタート、約25万円で

テック

2018/11/12 18:30

月間ユーザー1億人以上、時価総額4兆円……話題沸騰のRobloxはVRにも強い意欲か

業界動向

2021/05/14 19:00

「HTC Vive Pro 2」と「Vive Focus 3」後付けモジュールでアイトラッキングに対応

業界動向

2021/05/14 12:45

最近話題の「メタバース」ってなに? 概要や最新動向がわかるセミナーを5月25日オンライン開催

セミナー

2021/05/14 20:00

一体型VRヘッドセット「VIVE Focus 3」が発表 解像度5K、視野角120度

業界動向

2021/05/12 02:04

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

VR×手術ロボット企業がニューヨーク証券取引所に上場、VR関連2社目のユニコーンに

VRを組み合わせた手術用ロボットを開発するVicarious Surgicalが、ニューヨーク証券取引所へ上場します。企業評価額は11億ドルと見られており、VR業界で2社目のユニコーン誕生となります。

HMDで体内を見ながら操作

Vicarious Surgicalは、患者の負担が少ない手術を実現するための、VRを活用したロボットを開発しています。直径わずか1.5センチという小さなスペースからロボットアームとカメラを挿入、医師は体内の様子を確認しながらアームを操作して手術を行う仕組みです。

https://www.youtube.com/watch?v=FZxNROsFpLY

VRヘッドセットを装着した医師が頭を動かすと、それに合わせてカメラも動きます。こうして、まるで患者の体内にいるかのように、あらゆる角度から確認できる点が特長です。
またロボットアームは細かに曲がり、人間の肩から手にかけての動きを正確に再現できます。1か所の切開でも広い範囲に届き、縫合を自動で行う機能も持ちます。

これらの機能を、患者に挿入するロボットアームのセット、そして3Dスクリーンを備えた医師側のコンソールというシンプルな装置で実現。Vicarious Surgicalによれば、「手術室間の移動も楽に行うことができ、より多くの医療機関で導入できるよう、コストを抑えられている」とのこと。

ビル・ゲイツらも出資

今回の上場は、特別買収目的会社(Special Purpose Acquisition Company、特定の事業を持たず、未公開会社や事業を買収することのみを目的とした組織)D8 Holdingsとの統合を経て実施されます。

企業評価額は11億ドル、またPIPE(投資会社による上場企業の私募増資引き受け)により4.25億ドルの資金調達を見込んでいます。PIPEにはマイクロソフト創業者ビル・ゲイツ氏、Googleの元CEOエリック・シュミット氏率いるInnovation Endeavors等が参加します。

VR企業からのユニコーン誕生は、2021年3月のRec Roomに続き2社目です。またMatterportやRobloxの上場など、関連業界でも大きな動きが続いています。

ソーシャルVR「Rec Room」が1億ドル調達、評価額は12.5億ドル超でVR初のユニコーンに | Mogura VR

ソーシャルVR「Rec Room」が1億ドル調達、評価額は12.5億ドル超でVR初のユニコーンに | Mogura VR

MoguraVR

3DスキャンのMatterportがNASDAQ上場、利用者急増中 | Mogura VR

3DスキャンのMatterportがNASDAQ上場、利用者急増中 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)Road to VRVicarious Surgical
Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。


「狼と香辛料VR2」 AppLabでリリース Oculus Quest 2に対応!

2021/04/16 13:00 ゲーム・アプリ

YuNi メジャーデビューアルバムリリース、somunia「太鼓の達人」に楽曲収録【VTuberデイリーニュース 4/15号】

2021/04/16 13:00 VTuber 最新ニュース一覧