デイリーランキング

進化が止まらない超高解像度ヘッドセット「XR-3」を体験 VRとAR両対応、人の目レベルの見え方

テック

2021/04/09 12:00

Quest 2対抗の一体型VRヘッドセット「Pico Neo 3」発表 日本では今夏発売予定

業界動向

2021/04/08 17:30

センサーてんこ盛りの新型VRデバイス、HPから5月に発売 価格は1,249ドル

業界動向

2021/04/08 12:30

JTBらが「バーチャル日本」事業を発表、観光やショッピングを通して観光産業回復へ

活用事例

2021/04/08 11:00

グーグルが3Dオーディオ企業を買収、VR向け音響開発の実績も

投資

2021/04/09 11:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

米国宇宙軍がVRトレーニングを導入、従来コストを大幅削減

宇宙空間での安全保障をつかさどるアメリカ合衆国宇宙軍は、トレーニングにVRを導入しています。フェイスブックの一体型VRヘッドセットOculus Questを活用、宇宙空間にいるかのような訓練を実現しました。

宇宙での活動をVRに再現

米国宇宙軍は人工衛星の不具合対応や、ミサイル防衛などの任務にあたっています。しかし実際に宇宙空間への移動するコストは高く、これまで数百万ドルのシミュレーターを用いて訓練を行っていました。

今回米国宇宙軍は、IT企業のSAICが開発したVRトレーニングプラットフォームを導入します。隊員らは使用するアバターを選び、バーチャル空間にアクセス。国際宇宙ステーション等の活動現場が再現された、VRシミュレーションで訓練を行います。インストラクターの指示に従って行うトレーニングは、直感的な操作で進められます。人工衛星を囲んで他の隊員と会話したり、レバーを引く、ボタンを押すといった操作を、作業現場にいるのと同様に体験可能です。

コストやアップデートにメリット

SAIC社曰く「実際にその場にいるかのように感じられる体験を追求した」というこのトレーニング。カスタマイズのシミュレーターであれば百万ドル単位で開発費がかかるところを、クラウドベースのプラットフォームでコスト削減を実現しました。アップデートを遠隔から行うこともでき、大規模導入も容易です。SAICの開発担当者は「PCとの接続が不要なOculus Questを用いるため、より体験しやすくなっている」とも説明。また今後は人工衛星の内部を詳細に見るための拡大鏡機能や、AR体験の導入も検討しているということです。

米軍でのVR/AR導入事例についてはこちらの記事でも紹介しています。

広がる米軍でのVR活用、次は消防トレーニング | Mogura VR

広がる米軍でのVR活用、次は消防トレーニング | Mogura VR

MoguraVR

米軍が「犬向け」ARグラスを研究中、軍用犬に遠隔で指示 | Mogura VR

米軍が「犬向け」ARグラスを研究中、軍用犬に遠隔で指示 | Mogura VR

MoguraVR

MRデバイス「HoloLens」導入の米国陸軍、テストシーンを公開 完成は2021年 | Mogura VR

MRデバイス「HoloLens」導入の米国陸軍、テストシーンを公開 完成は2021年 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)VRScoutWashinton Post
Mogura VRはVRScoutのパートナーメディアです。


【Mogura主催のイベント】
・実際に開催してわかったオンライン・バーチャルイベントの運営ノウハウ・動向を語る! オンラインセミナー開催(4/21)  

VRゴリラ鬼ごっこ「Gorilla Tag」ユニークプレイヤー数が12万人突破。腕だけで野山を駆けずり回る

2021/03/17 12:44 ゲーム・アプリ

にじさんじユニット アニメ「シンカリオンZ」エンディング担当、ホロライブ×ファミリーマートコラボ第2弾実施【VTuberデイリーニュース 3/16号】

2021/03/17 12:44 VTuber 最新ニュース一覧