デイリーランキング

8KのVRヘッドセット「XTAL」、米空軍でも採用

活用事例

2020/01/14 19:00

マスターカードのARアプリが登場、カード特典の利用を促進

活用事例

2020/01/15 19:04

VR中の脳波測定モジュール、299ドルで発売 ユーザー体験向上に

テック

2020/01/15 11:30

介護者向けVR訓練のスタートアップが320万ドル調達 出資者に注目

投資

2020/01/16 11:30

パナソニックが眼鏡型VRデバイスのプロトタイプ発表、実機体験レポートも ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2020/01/14 12:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

Unity、VR内でゲームや3Dコンテンツを作れるエディタを10月リリース

ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンは、2018年5月7日に開催された開発者カンファレンス「Unite Tokyo 2018」の基調講演にて、VR内で3Dコンテンツが作成できるエディタ(コードネーム:Carte Blanche/カルテ・ブランシュ)のパブリックリリースを2018年10月に行うことを発表しました。基調講演では世界初となる同エディタのライブデモも行われています。

本ツールではVRデバイスを使用し、VR内で直感的に3Dコンテンツを制作することができます。ライブデモでは手元にあるカードに触れるとオブジェクトが実体化、これらのオブジェクトのサイズや色を変更し、目の前のボードに配置してゲームのステージをVRで作成する様子が配信されました。


(ライブデモで作成されたステージに入り込み、VRでゲームをプレイしているところ。この画面を作るまでにおよそ数分しかかかっていない)

VRで作成したステージにプレイヤーキャラクターを配置し、作成したゲームの中に入り込んでプレイすることもできます。この発表で登壇した米国Unity TechnologiesのXRリサーチディレクター・Timoni West氏は、「迅速かつ簡単にゲームや3Dデザインができる」ことを強調しています。

Unite Tokyo 2018の基調講演のアーカイブはこちらです。


車椅子でもジェットコースターに VRで実現するバリアフリー

2018/05/07 19:44 VR動画

マイクロソフト、HoloLens向け新アプリ 現場の生産性向上へ

2018/05/07 19:44 作業補助・ナビゲーション

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集