デイリーランキング

ソニー、“空間再現”ディスプレイ「ELF-SR1」発表 ソニーストアで展示

業界動向

2020/10/19 13:00

ファミリーマートが研修にVR採用・導入拡大、自動車向けARディスプレイ企業が5,000万ドル調達 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2020/10/19 08:00

話題の新VRデバイス「Oculus Quest 2」の実力や開発Tipsを語る、オンラインセミナーが11月2日開催

セミナー

2020/10/14 12:02

VR/AR/MRカンファレンス「XR Kaigi 2020」、登壇者とセッション内容が追加発表

セミナー

2020/10/19 15:29

米MicroVision、わずか4.4gのスマートグラス用ディスプレイモジュールを開発

テック

2020/10/15 19:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

“視線追跡×VR”でマーケティング調査、ユニ・チャームが新商品で活用

視線追跡(アイトラッキング)を専門とするTobii社の日本法人、トビー・テクノロジー株式会社は、アイトラッキングを用いたVRマーケティング調査サービスを開始します。このサービスの第一弾として、ユニ・チャーム株式会社の新商品パッケージ検証にて活用されているとのこと。

トビーのVRマーケティング調査サービスでは、VR空間にいる消費者の視線を可視化することで「何に興味があるか」を測定できます。VRを利用することで、通常のマーケティング調査と比較して、時間やコストを削減できるとしています。また、商品棚やパッケージなどのバリエーション評価も手軽に行うことができるとのことです。

物理的な手間が不要になるメリット

今回、本サービスを導入したユニ・チャームのショッパーマーケティングの担当マネージャーは、「仮想的な環境下ではありますが、パッケージや棚割のバリエーション評価に使っていける技術だと感じています」とコメント。さらに「また、デジタル画像で準備できるので、従来のリアル棚調査では必要だった新商品のダミーパッケージ制作や会場設営の物理的な手間が不要になるのも、この手法のメリットだと思います」と語りました。

(参考)トビー・テクノロジー株式会社 プレスリリース


VRアイドル「えのぐ」の1st写真集がKindleで販売 コミケのグッズ通販も

2019/08/20 11:30 VTuber 最新ニュース一覧

自宅で試せる“ARメイク・AR化粧”続々……米コスメブランドも参入へ

2019/08/20 11:30 活用事例