デイリーランキング

Acerの新型MRヘッドセット「ConceptD OJO」開発中止へ

業界動向

2020/02/14 11:30

VRを通してロボットへ指示 三谷産業らが要素技術開発

テック

2020/02/14 19:30

“VR行動療法”に効果、英大学発スタートアップが1,250万ドル調達

投資

2020/02/14 15:30

【1万字インタビュー】史上最大のARスタートアップMagic Leapが目指す未来への道筋

業界動向

2020/02/13 12:15

より安価で小型に。SteamVR向けの新型HDKが予約受付開始

開発

2020/02/13 11:30

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

PCやスマホいらずの一体型VRデバイス「Turbox VR」 クアルコムが協力

モバイル機器の展示会・モバイル・ワールドコングレス2017(MWC)において、Thundercomm社は、PCやスマートフォンを使うことのない一体型VRデバイスの開発者版「Turbox VR DK1」を発表しました。同社は、Thundersoft社がクアルコムとともに設立した企業です。

本製品はクアルコムのCPU「Snapdragon 835」や、2560×1440の解像度を持つ有機ELスクリーンとトラッキング機能、モーションキャプチャ、アイトラッキングなどを搭載しています。低消費電力と優れた放熱性などを特徴とし、描画の遅延は15ms以内に抑えています。

またクアルコム製品管理責任者ヒューゴ・スワート氏は「我々はThundercomm社とは非スマートフォン領域で協力関係を築き上げてきました。TurboX VR DK1はOEMメーカーと他の業界関連者にとって便利な開発ツールになるでしょう」と述べています。

クアルコムは2016年9月に一体型VRヘッドマウントディスプレイのリファレンスモデルを発表し、メーカーが参考できるように情報などを提供しています。今後、他社からも同様にクアルコムのモデルを参考にした一体型VRヘッドマウントディスプレイが登場する可能性があります。

(参考)
中科创达发布基于高通835的VR一体机Turbox VR
http://www.7tin.cn/news/85837.html

※Mogura VR は、7tinとパートナーシップを結んでいます。


【スポンサードポスト】
・2020年、“XR”に携わる人が心がけるべきこと――対談:松山周平×久保田瞬
・3Dデータを手軽にVRへ。自動車や住宅などで導入進む「MeshroomVR」
・【特別企画】2Dお絵描き感覚で3Dキャラが作れる「VRoid Studio」講座、第一回を無料掲載!

【Mogura主催のイベント】
・2月19日(水):【HoloLens 2やNrealLightも!】VR/ARデバイス・モーキャプ体験会(※法人限定)

PSVRで今後発売予定の注目VRゲーム

2017/03/03 11:45 ゲーム・アプリ

VRならではのリズムアクション 日本発『Airtone』の公式サイトがオープン

2017/03/03 11:45 ゲーム・アプリ

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集