デイリーランキング

茨城県、VTuber起用で約2億4,000万円の効果

業界動向

2019/04/22 19:02

ニンテンドースイッチのVR Kitは「最初期から構想されていた」開発者がコメント

業界動向

2019/04/24 11:30

VR触覚デバイス「EXOS」にハンドトラッキングが追加、触覚体験をアップデート

テック

2019/04/23 12:00

NTTドコモが広視野角VRゴーグル発表、かつてのノートルダム大聖堂をVRで ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2019/04/22 08:00

NHKがAR/VRの研究成果を公開、5月末のイベントにて 新たなテレビ視聴スタイル模索

業界動向

2019/04/23 19:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

凸版印刷、VRで顧客好みのモデルルーム再現

凸版印刷株式会社と株式会社ヒストリアは、VRでモデルルームの内見が可能なVRシミュレーションシステム「トッパンバーチャルモデルルーム」を開発しました。

本システムは、顧客のデザインやスタイルといった要望をリアルタイムに反映することができ、多彩なプランの可視化することを可能としています。凸版印刷は、主にマンションデベロッパー向けに2018年11月から販売を開始します。

トッパンバーチャルモデルルームは、バーチャル空間にモデルルームを再現し、床や扉、壁紙などの選択や、家具スタイルなどの変更をリアルタイムに反映することができるVRシミュレーションシステムです。

本システムではヒストリアのゲーム開発などで使用されているリアルタイムCG技術と、凸版印刷の画像処理技術により内装や家具などの質感が表現されています。

トッパンバーチャルモデルルームでの内見は、顧客がVRヘッドセットを装着して実際のモデルルームを見ているような体験のほか、ゲームコントローラーを用いた移動も可能となっています。VRでの映像を4K解像度で出力することや、広告やWebなどの販促ツールにも使用可能とのことです。


また、日照や照明による部屋の見え方の変化も再現も対応しており、生活者の身長に合わせた視点の高さの変更など、より顧客の生活シーンに即したシミュレーションが可能となっています。そのほか、オプション機能では間取りや窓からの眺望をVR内に表示させる機能も備わっています。

なお本システムは、凸版印刷が2018年11月20日から22日に開催する「フォレストフェア2018秋」にて紹介されるとのことです。

開催概要

期日

2018年11月20日(火)~22日(木)

場所

東京都台東区台東1-5-1
凸版印刷株式会社 ショールーム「FOREST(フォレスト)」

(参考)凸版印刷株式会社 プレスリリース




VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」





VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」

パナソニック創業100周年企画、VRoidを使ったプロダクトが出展

2018/10/31 12:30 テック

「10年後も、一緒にVTuberをやっていたい」ミライアカリ 1周年記念ライブで見えた“思い”

2018/10/31 12:30 VTuber 最新ニュース一覧