デイリーランキング

ファーウェイ、6DoF対応の新型VRグラスを発表。発売は2021年予定

業界動向

2020/10/21 19:30

清水建設、VRをインターンシップに導入 参加者の9割が高評価

活用事例

2020/10/20 18:00

超広視野角VRのPimaxが2,000万ドル調達、顧客サポートやロジスティクス改善へ

投資

2020/10/20 12:57

HTCの“正体不明”ヘッドセットが確認される。VIVE Focusの新バージョンか

業界動向

2020/10/22 12:00 New

JDIら、高精細VRデバイスとエアロバイクを組み合わせサイクリング

業界動向

2020/10/21 18:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

大気汚染をARで可視化 目の前にPM2.5が現れる新しい報道

AR活用を進める米国の大手新聞社ニューヨーク・タイムズ(NYT)から、新しいコンテンツが登場しました。今回のテーマは「大気汚染」。世界の都市の汚染状態を目で見て、現実問題としての直視を促すものです。

現実空間に汚染物質が登場

水質、土壌、大気等の汚染は、我々の生活に深刻な問題を投げかけています。このうち大気汚染だけでも、人類の9%、年間約500万人の死因となっています。

NYTの記事“See How the World’s Most Polluted Air Compares With Your City’s” はARアプリと連動し、読者へこの問題を鮮明に届けます。モバイル端末を通して浮かぶのは、現実の空間に漂う黒い粒子。データを元に、大気の汚染レベルを表しています。

アプリや公式サイトでは、自分の現在地に近い都市や、世界各地の汚染状況を表示可能です。

目にすることで問題を実感

最も危険なレベルにあるインドのニューデリーを選べば、視界を遮るほどの黒い粒子が押し寄せてきます。
なかなか実感の伴わない環境問題を、実際に目にすることで身近に感じてもらう。そして、より真剣に考えてもらうことが、NYTの狙いです。

ニューヨーク・タイムズのARに関する取組は下記の記事でも紹介しています。

部屋の中で陽子と陽子が衝突 ヒッグス粒子発見の瞬間をARで体験 | Mogura VR

部屋の中で陽子と陽子が衝突 ヒッグス粒子発見の瞬間をARで体験 | Mogura VR

MoguraVR

通り道を現実に表示 タイ・洞窟の救出劇、現場をARで知る | Mogura VR

通り道を現実に表示 タイ・洞窟の救出劇、現場をARで知る | Mogura VR

MoguraVR

デヴィッド・ボウイの実物大衣装を自分の部屋に映し出す | Mogura VR

デヴィッド・ボウイの実物大衣装を自分の部屋に映し出す | Mogura VR

MoguraVR

参考)VRScout
Mogura VRはVRScoutのパートナーメディアです。


甲子園歴史館 阪神タイガースのライトスタンド側応援風景をVR映像で提供

2019/12/11 12:00 VR動画

ヨメミ初の単独イベント「エイレーン神社」が開催決定!

2019/12/11 12:00 VTuber 最新ニュース一覧
VR/AR/MR 用語集