デイリーランキング

VR/ARのビジネス活用事例10選。国内外で業務効率向上やコスト削減に

ビジネス活用事例

2019/01/21 11:00

新VRデバイス「VIVE Cosmos」の正体とは HTCのキーパーソンに突撃インタビュー

業界動向

2019/01/18 18:45

CESで存在感を高めるデジタル・ヘルス、VRによる医療の再定義 – 起業家医師から見た医療×VRのいま

ビジネス活用事例

2019/01/18 17:30

マイクロソフト、2月末にMRデバイスHoloLens2発表か

業界動向

2019/01/18 11:30

GeForce RTX 2060、多くがVirtualLink用ポート未実装か

テック

2019/01/17 18:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

VR開発のSynamon、約5,000万の資金調達 ビジネス向けVR活用を推進

VRプロダクトの企画・開発などを手掛ける株式会社Synamonは、約5,000万円の資金調達を行ったことを発表しました。今回の調達資金は、開発体制の強化とビジネス領域におけるVR技術の活用促進に当てられるとのことです。

出資元は、株式会社ジェネシア・ベンチャーズ、KLab Venture Partners株式会社、BEENEXT PTE.LTD、株式会社ABBALabです。

https://www.youtube.com/watch?v=HtwNZDTm7IU

同社が開発する『NEUTRANS(ニュートランス)』は、誰でも直感的に扱える操作性と、ハイエンド向けVR機器を対象としたVRコンテンツのベースシステムとして開発された、VRソリューションサービスです。

本サービスは、マルチデバイス対応しており、オンライン接続による複数ユーザー利用可能という部分を設計思想に多彩な機能を扱えるものとなっています。活用例としては、現実では行えない動作を用いたブレストや、遠隔地のメンバーと会議ができる「VR会議室」、コンテンツや3Dモデルなどを設置し、ユーザーの好きな形で利用可能な「VRショールーム」などが挙げられます。

同社は、VRを活用したい企業に対して、企画部分から開発プロダクトの検討コンサルティングに入り、『NEUTRANS』の各種ベース機能を活用した形でプロダクト開発、納品までワンストップで対応するサービスとして提供をしています。

現在、Synamonは人材教育支援プロダクト、ロケーションベース向けプロダクト、VRデバイス向けデモプロダクトなどを開発中。また、VRソリューションのベース機能拡張や、共同ツールとして活用可能なVRプロダクトのパッケージ化を進めていくとのこと。2018年初旬にビジネス向けのファーストパッケージをリリース目指している、としています。

(参考)
Synamon、第三者割当増資によるシードラウンドの資金調達実施 / PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000025330.html

毎日身につける?ブランドが考えたVR/AR切り替え眼鏡のデザイン

2017/11/30 13:23 ビジネス活用事例

自動運転車内でVR/ARエンタメ インテルがワーナーと提携

2017/11/30 13:23 ビジネス活用事例