デイリーランキング

【体験レポ】Rift Sで体感する、Oculusの徹底的な「使いやすさ」へのこだわり

Oculus Rift

2019/03/21 00:15

Oculusが新VRヘッドセット「Rift S」発表 外部センサー不要、49,800円で今春発売

Oculus Rift

2019/03/21 00:00

【続報】一体型VRヘッドセットOculus Quest、スペックなど新情報公開

Oculus Quest

2019/03/21 00:00

VR/AR標準化「OpenXR」の暫定仕様が公開 Oculus等2019年内対応

業界動向

2019/03/20 11:30

HP、PC向け新型VRヘッドセット「Reverb」発表 片目2K、価格は600ドル

Windows MR

2019/03/20 11:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

Autodesk、ゲームエンジン『Stingray』を発表。Oculus Riftにも対応か

Mayaなどの3Dグラフィックスのソフトを提供するAutodesk社は、新たにゲームエンジン『Stingray』を発表しました。

https://vimeo.com/134982672

この発表は現在開催中のゲーム開発者会議GDC Europe 2015でAutodesk社が明らかにしたものです。Autodesk社は3D設計やエンジニアリング、エンタテイメントなどの分野で使用するMayaや3ds Maxといった3DCGのソフトウェアを提供してきました。Mayaは3Dゲームのグラフィックの制作にも多く使われています。

今回発表されたStingrayは、Autodesk社の3Dツールとシームレスに連携できるとし、Maya LT, Maya, 3ds Max 等で制作した3Dモデルのゲーム内に簡単に組み込めることをウリにしています。Unty5やUnreal Engine4, CryEngineといった既存のゲームエンジンと同じく、物理ベースシェーダーレンダリングを搭載し、よりリアルな質感を実現できます。

ghosttown-full

BEASTやHUMAN IKといったAutodeskの他のツールをはじめnVIDIA PhysXなどのツールが既に統合されているほか、Unreal Engine 4のようにノードをつないでプログラミングをすることなくゲームを作ることができるシステムが組み込まれています。

Oculus Riftにもサポートする模様ですが、詳細は不明です。他にもWindows、Xbox One, Playstation 4, Android, iOSに対応することが明らかになっています。Stingrayでテストプレイをする際は、ツールからビルドを経ずに直接でテストができます。

月額30ドルで提供され、Maya LTのサブスクリプションにも含まれる可能性があるとのこと。

既にUnity5やUnreal Engine4が大勢を占める中、Stingrayがどの程度普及するのか気になりますね。

(参考)
Road to VR – Autodesk’s New Stingray Game Engine Will Launch with Oculus Rift Support
http://www.roadtovr.com/autodesks-new-stingray-game-engine-will-launch-with-oculus-rift-support/

ケニアで行われたオバマ大統領の演説を360度動画で撮影。「The Nantucket Project」で9月公開予定

2015/08/05 11:30 VR動画

Oculus Rift DK2、Gear VRなどで体験できるオススメのVRコンテンツを窓の杜でも毎週連載中!

2015/08/05 11:30 ゲーム・アプリ